投資をこれから始める初心者におすすめしたい投資の本5選

株の投資法サラリーマンでザラ場みれないがどうするか

株を始めたばかりのころって投資手法って非常に悩むと思います。

短期で材料に飛びついていくスタイルもあれば、割安な株を買ってじっくり腰を据えて値上がりを待つ手法もありますよね。

どちらのパターンであっても、投資を始めた頃は何をやってもうまくいかないことが多いのではないかと思います。

分足を見て一喜一憂してしまい、大きく陰線を引いては損切り、少しの値上がりで利確を繰り返し損大利小で負けが込んできてしまいがちではないでしょうか。

銘柄選びに関して言えば、どのようなパターンで負けてしまうかというと、インターネットやSNSで流れてくる情報で銘柄を調べて買っているのではないかと思います。

企業の適時開示情報(決算短信・決算説明資料)を読んで買いにいくのもありかとは思いますが、決算直後に買う場合は他の投資家よりも高い位置で買い付けすることになると思います。

日本市場で株式を取引する個人投資家は数百~数千万人いるといわれていますから・・・、自分だけしか気づいていない「好業績をあげている可能性がある企業」、「業態に変化が出ている企業」に気づいて割安な段階で仕込んで値上がりを待つのが良いと思います。

(といっても、自分よりも先に数百から数千人は並んでいるくらいの気持ちでやってちょうど良いと思います)

株価が跳ね上がるパターンというのは、市場参加者が考えていた業績を大幅に上回るようなサプライズが出たときにはじめて勢いづいて上昇します。

逆に市場参加者が「あがるぞあがるぞ」とか、「もう一度高値に戻ってくれないかな・・・」と思っている銘柄はあがらないようになっていると思います。

そのような人の心理を利用して株の値動きはできていると思います。

100%勝てる、100%負けないトレードはあり得ないのですが、業績好調、財務健全な企業のうち、「とびっきり魅力的な商品・サービス」を提供できる企業の株を選ぶとよいと思います。

話が全然違う方向に行ってしまいましたね。ザラ場の値動はアルゴに支配されていて見ていてもしんどいだけだと思っています。(デイトレじゃない方は)

チャートは日足で判断のトレードでよいと思います。つまり、(ザラ場が見れない環境の方は)ザラ場を見ようとするな(高値圏でINするな)というのが私の結論です。

有名でない方のフィッシャー(ケン・フィッシャー)の著書で最近勉強しました。一年半ほどトレードしてきて気づかなかったことが書かれていました。

他の人が気づかないことに気付けるようになることは重要ですね。

ABOUT ME
tony
30代中盤サラリーマン、勉強しながら積立投資(インデックス投資)と成長株投資をやってます。2018/6スタート!まだまだ銘柄の目利きには慣れていませんが、よろしくお願いします。プロフィールページへ