投資をこれから始める初心者におすすめしたい投資の本5選

オンコリスバイオファーマ(4588)の株価は?導出先決定で大幅上昇なるか

年始からバイオ関連銘柄の株価が大きく動き話題になっています。

今年の主力テーマとなりそうですね!

サンバイオはネガティブな臨床試験結果で大暴落しましたが…。

ここのところオンコリスバイオファーマやアンジェスが急騰、一過性のものだったのかもしれませんがシンバイオ製薬も急騰しました。

バイオベンチャー企業にとって新薬承認は一大イベントです。

サンバイオの株価推移を見て頂ければわかるように新薬開発に中断や却下されれば、株価は一気に下落します。

バイオ銘柄は今現在の業績ではなく、開発中の新薬が世に出回れば・・・。という期待感を株価に織り込んでいくから。

逆に新薬承認の兆しがあれば株価は一気に高騰します。

バイオベンチャーというのは、既に創薬で大きな実績のある企業もありますが、これから画期的な新薬を始めて開発しますという企業が多いです。

オンコリスバイオファーマ(4588)の株価が大暴騰!日中の値動きも乱高下の様相

つかみで、サクッと書いてみましたが、そんなこんなで夢のあるバイオベンチャーですが当然ハイリスク・ハイリターンです。

これらに乗っかるためには、何故人気となっているのかしっかりと理由を調べなければいけませんね。

ここのところの、オンコリスバイオファーマの値動きは暴騰しており、非常に値動きが良い(荒い)状態となっています。

しかし、よく見てみると信用売り買いの対象になっているのかと思っていたのですが、貸借銘柄でもありません。

見る限りは、現物買いが入って株価が上昇しているように見受けられました。

急激にあげてきた銘柄なので、ここからのインは非常に厳しいものがありますが、チャートは非常にきれいですね。

移動平均線もすべてが上向きであり、パーフェクトオーダーです。

オンコリスバイオファーマのパイプライン進捗一覧

オンコリスバイオファーマの主力新薬の開発進捗状況は以下のとおりです。

オンコリスバイオファーマで一番期待されている製品が「テロメライシン」という、腫瘍潰瘍ウィルスを使った、癌治療薬ですね。

食道がん・胃がんの分野で、非常に注目されているとの情報です。

現在臨床試験のPhaseⅡまできておりPhaseⅢを突破できるかどうかが今後の株価の行方を握っているといっても過言ではないでしょう。

オンコリスバイオオファーマでは癌治療薬だけでなく、癌検査薬も同時に開発しています。

いずれも、次の段階を目指すところまで来ています。

これらが良い方向に進んでいけば、材料が出るたびに株価が急騰することは考えられますね。

場合によっては、出尽くし売りとなってしまう場合もあるかもしれませんが、期待値としては非常に高い銘柄であると言えると判断しています。

オンコリスバイオファーマ社長コラムで気になること

オンコリスバイオファーマの株価が勢いづいてきたのは、前回決算でいろいろな材料がでてきたこと。

そして、社長コラムに次のようなメッセージが書かれていたことによるのではないかと考えています。

このメッセージをどう読み取るかにもよりますが、春は近づいていると私は読み取りました。

治験がうまく成功し、癌で苦しんでいる方の希望の光となることを祈るとともに、株価の上昇に期待しています。

ABOUT ME
tony
30代中盤サラリーマン、勉強しながら積立投資(インデックス投資)と成長株投資をやってます。2018/6スタート!まだまだ銘柄の目利きには慣れていませんが、よろしくお願いします。プロフィールページへ