投資をこれから始める初心者におすすめしたい投資の本5選

エコモット5G銘柄が軒並み値上がりする理由はなぜか調べてみた

積立投資のデメリット?銀行系は含み損だらけKPIから考えてみる

ここのところ5G関連セクタの銘柄が軒並み急騰していますね。

なぜ、こんなに急騰するんでしょうか。

yuka
yuka
急騰するということは、投資家(投機家)の資金が入っているということですね。
tony0721
tony0721
5Gってなんなのでしょうか。この技術についてしっかりと調べてみました。

5Gってどんな技術、今のスマホは4G技術

5Gの技術は4Gの技術と比較して、超高速、超大容量接続、超低遅延の通信技術です。

超高速についてですが20Gbpsというとてつもない速さです。

4Gの通信速度はでは150Mbpsといったところで100倍以上の通信速度になるということ。

世界が変わるとはまさにこのことですね。

超大容量接続について同時接続のキャパが大きくなるということで小難しい話は少し割愛します。

超低遅延については1ミリ秒までの遅延に対応する技術となる模様。

これに対して現状の4Gは、10~ミリ秒の遅延ということです。

反応速度が10倍以上速くなってくるということです。

このタイムラグの向上は自動車の自動運転技術に欠かせない技術になってくるそうです。

ブレーキを掛け始めるまでの遅延時間が短くなればなるほど事故率は低減するのでしょう。

1G~4Gまでの推移

1G(第一世代)というのは相当昔の技術で、車載電話と呼ばれる携帯電話でした。

2G(第二世代)は昔の携帯電話ですね、3G(第三世代)との線引きが難しいかもしれませんが、できることは音声通話とSMSが可能となりました。

3G(第三世代)では、音声とデータ通信ができるようになりいわゆるスマホが使えるようになったのもこの世代です。

4G(第四世代)は、3Gよりもかなり早くなり大容量データ通信が可能となっています。

5G(第五世代)では、4Gと比較して100倍の通信速度となります。

これによって、主に映像技術を使った技術革新が期待されるみたいですね。

5Gの市場規模はどの程度?30兆円規模はある模様

5Gの市場規模ですがインターネットでサクッと調べてみる限り5G対応基地局が4兆1880億円、5G対応エッジ機器が26兆1400億円になるとの予測となっています。

基地局の設備やシステム、端末がすべて5G技術専用のものに置き換わるわけですから、この5G技術で飛びぬけた技術を持っている企業の株価はあがるのではないかとの思惑となっているようです。

5G銘柄の本命アンリツは大幅高

5G関連銘柄の中で、東証一部企業のアンリツは資金が入りだしてから急騰を続けています。

ものすごい出来高ですね。このまま、株価は上がり続けるのでしょうか?

上がっていくんだろうなとは思いつつ、指をくわえて見送ってしまいました。

yuka
yuka
押し目があれば、ぜひ狙いたい銘柄ですね。
tony0721
tony0721
私は、アンリツを安い株価で買い逃してしまったので、エコモットという銘柄を仕込みました。

こちらも、大きく値を上げていますが時価総額の観点から見るとまだまだ高値を狙えそうですね。

エコモットの企業情報は以下のとおりです。

KDDIとの提携が発表されてから大きく値段があがりましたね。

発行済株式数:4530800

時価総額:84.7億円(株価1870円)

貸借銘柄:〇(空売り可能)

時価総額100億円ライン:2207円(抵抗線)

時価総額50億円ライン:1104円(支持線)

ABOUT ME
tony
30代中盤サラリーマン、勉強しながら積立投資(インデックス投資)と成長株投資をやってます。2018/6スタート!まだまだ銘柄の目利きには慣れていませんが、よろしくお願いします。プロフィールページへ