投資をこれから始める初心者におすすめしたい投資の本5選

トレード本書評:マーケットで勝ち続けるための発想術

この正月は投資信託や株式トレードに関する書籍を数冊読んでいました。

私自身、株式トレードをやっていてよくおちいることなのですが、視野が狭くなってしまうことが良くあります。

株価が上がってきてつい、高値掴みしてしまう。ジャンピングキャッチ「JC」ですね。投資手法にはいろいろあって、新高値でブレイクしたところを買っていく方法もあるのですが、今の地合いでは負けパターンでしょうか。

トレードにおけるメンタルは超重要、というかほぼ全て!?

今回、読んだ本は「デイトレード:マーケットで勝ち続けるための発想術」という本です。テクニカル本と言えばテクニカル本なのですが、その内容はどちらかと言えば心理本になっています。

まず個別株のトレードにおいて初心者は甘く考えすぎているということ。自分が買う場合は、トレード相手は売るという行為をするということ。

しかも、自分よりもトレードがうまい上級者やどう考えても勝てる相手ではない機関投資家が相手であることを常に認識しておくこと。

対局にいる相手はどのようなことを考えて自分と反対の売買をするのかと常に考えることが重要とも記述があり、相場格言に「人の行く裏に道あり花の山」とありますが、まさしくこのことかと気づかされました。

また、買いにしても売りにしてもポジションを建てると、ついその銘柄に情が移ってしまうものです。また、ファンダメンタル分析でポジションをとると、その傾向が大きくなってしまうのかなとも思っています。

しかし、その株の価値はチャートがすべてであると書かれていました。これについてもたしかにそうだなと。

人間においても、どのような過去があろうとも「今ここに在る」ことがすべてだと。

それから、個別銘柄のトレードにおいては、とにかくロスカット基準を厳格に定めて、機械的にロスカットをおこなうこと。徹底的にロスカットはおこなうこととアドバイスが。

ロスカットできずに大きく負けてしまう事が、退させられる主要因になっていると。

勝てるトレーダーになるためには

とにかくロスカットをできるようになることと、自分のトレードスタイルをメモって悪いところを反省し、その悪い癖がでないように訓練することだと説かれていました。

初心者トレーダーが相場で勝てるようになるまでに経験を積むのにかなりの時間を要します。気を抜けば種銭を失って退場ということになってしまいます。とにかく、資金を減らさないですむレベルに達するまで「生き残ること」。

常に謙虚に、こつこつと機械的にトレードしていけるかが勝てるようになるコツなのかなと自分の中で咀嚼しました。

そして、これがこの本で私が得た、最も勉強になったことですが、ポジションの取り方ですね。

利確ポイントで買ってしまったり、底で売ってしまったり。今までそんなこと結構していました。

ポジションの取り方が8割を占めるとこの本でも書いてあるのですが、良いところでポジションをとれれば、あとは含み益が増えていくのを高見の見物で見れるので心理的にも余力ができてトレード結果も良くなってくるのだと思います。

created by Rinker
¥2,376 (2019/01/23 21:31:57時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
tony
30代中盤サラリーマン、勉強しながら積立投資(インデックス投資)と成長株投資をやってます。2018/6スタート!まだまだ銘柄の目利きには慣れていませんが、よろしくお願いします。プロフィールページへ