初心者は短期であっても、長期でも勝てる銘柄に投資すべき

このブログでも、投資信託においてはアクティブファンドがインデックスファンドに勝てないということを紹介してきました。

そもそも、このブログにたどり着いた方は、ご存知だとおもいます。

では、なぜなのか?

これは、株や債券など金融商品の取引きを生業としているプロであっても、相場は判らないということです。

ファンダメンタル、テクニカルどちらにも精通し、企業情報もいち早く入手できる機関投資家たちでさえ、相場全体がどうなるのか。

また、個別株においてもあがるのかさがるのか、株価が乱高下する相場では予想を外してしまうことも多いではずです。

インデックスファンドのほうが成績が良いというのは、人の判断に過ちがあるからということではないでしょうか。

投資においては人の判断は極力排除せよ

過去の私の投資において負けてしまったパターンを分析してみました。

すると、勝ちパターンと負けパターンが見えてきました。

勝ちパターンで多いのは、自信を持って買った銘柄、つまり業績などもしっかり調べて買った銘柄が多いです。

よくあるついつい買ってしまっただとか、イナゴで買ったといったパターンではないわけですね。

もちろん、よく調べて買ったからといってもちろん負けてしまうことはありましたが、過去のトレード実績を調べてみると勝っているパターンが多かったです。

その理由も自分なりに分析しましたが、大きく値下がりしたとしても、そのうち値上がりすると考えて握りしめる握力が強かったことが一つの理由としてあげられると思います。

負けパターンはこれとは逆に、あまり根拠がなく買った銘柄で大きく価格が変動したときに心理的に揺さぶられてしまい安いところで売らされてしまうというパターン。

逃げなきゃいけない時は逃げるという判断ももちろん必要なのですが、大きく値が下がると個人投資家は狼狽売りしてしまうケースがよくあると思うのです。

どのようにして勝てるようになるか

では、どのようにすれば勝てるようになるのでしょうか。

私なりの考えですが、理屈的に勝つ可能性が非常に高い投資にしか投資しない。

色々な投資があるのですが、押し並べて、根拠のない勝負はしないということがまず一点です。

そして、トレードの時間軸を長いスパンに変更すると負けにくいトレードになると考えます。

もちろん、投資の天才たちは短期トレードで大きな利益を上げていきますが、一般的な投資家であれば短期ではなく、時間軸を長めにとったトレードをしたほうが利益をあげることができると思います。

そのためには、投信でも個別株でも理屈的に勝つ可能性が非常に高い投資をすること。

個別株であれば、これといった銘柄を安く仕込んだり、投信であれば低コストインデックスファンドを安く仕込むこと。

とりあえず、上達するまではこんな感じの投資スタイルが手堅いと考えています。

ABOUT ME
tony
30代中盤サラリーマン、勉強しながら積立投資(インデックス投資)と成長株投資をやってます。2018/6スタート!まだまだ銘柄の目利きには慣れていませんが、よろしくお願いします。プロフィールページへ