積立投資をおすすめする理由、複利の効果とは

米国長期金利の上昇からの?米国株の急落、VIX指数の上昇、日本株、中国株の続落、欧州株の続落と世界同時株安とニュースで騒がれていますね。

先週末のNYダウは、少し切り返したものの、今後の方向性は少し読めない感じだな。と感じています。

tony0721
tony0721
私の積立している投資信託は一部を除き、赤字へ転落してしまいました。
yuka
yuka
え?ほんとですか?

以前に狼狽売りしてしまった経験がありますが、今回は絶対にホールドし、安いところで買い増しをしようと思います。

ということで、買い増しのタイミングを今考えているところなのですが、情報収集する限りはまだ、確実な方向性は見えないので買い増しのタイミングではないと考えています。

積立投資の複利の効果

なぜ、このように株価が暴落し評価額が落ち込んでも投資信託を売ってしまわないかについて説明したいと思います。

何故今回の暴落で投資信託を売ってしまわないか

tony0721
tony0721
それは、世界は一時的に株安になっても、人口が増え続ける限り世界の経済は成長を続ける可能性が非常に高い(期待値として)からですね。
yuka
yuka
はい、いままでそのように一貫して説明してこられましたね

もちろん、今回のような暴落はありえるんですけど、積立投資では「期待値」的には年利5%以上で資産を増やすことができる期待値になっているのです。

今回は買ってしまっている投信の価値は下がってしまったけど、ピンチはチャンスということで底値で積立するのでしょうか?

ということで、現在株価急落の底を確認しようとしています。逆に言うとまだ、世界同時株安の底をうったことが確認できていないので、資金は投入していないのが現状ですね。

複利の効果の確認

数字でパシッと示さないからピンとこないなと思って、積立投資で20年運用したらどういうことになるかというのをはじき出してみることにしました。

条件は積立期間20年の複利、毎月の積立額5万円とします。つまり総投資額は、5万円×12か月×20年=1200万円ですね。

tony0721
tony0721
それがどうなるかというと・・・・、期待値的には以下のような感じでリターンが期待できます。
年利積立総資産額総利益(税引前)リターン率
5%198359727835972165.3%
6%2207135410071354183.9%
7%2459729512597295205.0%
8%2745717815457178228.8%
9%3069607118606071255.1%
10%3436499922364999286.4%
yuka
yuka
これが同じ条件で積立額30年とすると・・・、 期待値が大きく変わってくるのですね。

総投資額は5万円×12か月×30年=1800万円ですね。期待リターンはというと・・・。

年利積立総資産額総利益(税引前)リターン率
5%3986330821863308221.5%
6%
47434911
29434911263.5%
7%5667647138676471314.9%
8%
67969926
49969926377.6%
9%8178452363784523454.4%
10%9869641380696413548.3%
yuka
yuka
これはすごいですね・・・。時間の力・・・、複利の効果ってこんなに効いてくるんですね。

逆に、日銀と安倍さんが目指している物価上昇2%げ現実となった場合、同じ金額を同じペースで銀行で預金すると現在の価値と比較して20年で20%減、30年で25%程度減価する計算となるようです。

もちろんリスクもありますが、この理屈を信じるでのあれば、学資保険とか固定金利の住宅ローンの繰り上げ返済をするよりも積立投資のほうが効果的ではないかと考えています。

個別株投資も瞬発力あるけど、負けないことを意識

上記のように考えてみると、個別株投資は価値も負けも瞬発力がありますよね。

でも、ものすごい危険を犯してまで勝とうとしなくてもよいのではないかとも思うようになってきました。

別の記事では積立投資をするために必要な余力・生活防衛費について紹介しています、良ければご覧ください

生活防衛資金の目安はいくら?投信積立のために決めること

生活防衛資金の目安はいくら?積立投資のために決めること積立投資、つまりインデックス投資を始める際、生活防衛資金をいくら持っておくかか決めてことは、長期積立をしていくために必須だと思います。生活防衛資金というのは、リストラなどで失職したときに、家族を当面の間、家族を養っていくために必要な資金のことです。考え方として、投資はまず何より「余力資金」で行うことが原則だと私は思っています。...

毎日必死で銘柄選定しなくても、絶好球だけを待って確実に勝てるところだけ取るようにしていったほうがじたばたするよりも成績あがるのではないかと思っています。


▼こちらのブログもごらんください▼  
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
ABOUT ME
tony
tony
30代中盤サラリーマン、勉強しながら積立投資(インデックス投資)と成長株投資をやってます。2018/6スタート!まだまだ銘柄の目利きには慣れていませんが、よろしくお願いします。プロフィールページへ