投資信託紹介

投信積立でおすすめ銘柄はeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

私が投資信託の積立投資をするようになって、まだ日が浅いのですが、米国株式はやはり魅力の金融資産だと思っています。

tony0721
tony0721
トランプ大統領のちょっと強引な政治手法はいささかどうかと思うところもあるのですが、米国経済は至って順調にきています。
トランプ大統領
トランプ大統領
何か問題があるのか~い!tony君!!
tony0721
tony0721
えっ!いえ、なにも文句なんて言ってませんよ!S&P500を紹介するんです。 

2018年2月に発生したVIXショックがあり、世界の株価やそのた金融資産は大きなダメージを受けつい先日まで日本株市場は21500円~23000までのレンジ相場を半年以上抜け出すことができずにいました。

ドル円相場が110円/1ドル、そしてレンジ相場の最中で今回紹介させていただく米国株式の指数S&P500に連動した投資信託であるeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を買っていれば・・・。と思った次第です。ただ、直近の株価の値動きは米国株高、ドル高で過熱気味であり、緩やかな調整であればいいのですが、暴落の懸念も少しあるようなので購入される場合は情報収集をしっかりしていただき慎重にお願いしたいと思います。

最近、若いころから資産形成をしていくことの重要ということが企業でも教育されているんでしょうか。私も、もっと若いころに投資に関する勉強をしていればよかった。と、今になって思います。

株式や投信積立に興味が全くなかった方でも、ウェルスナビなどのほったらかし投資信託をはじめたりしているという情報をよく目にするようになりました。

投資、つまり株式トレードや投信積立を初めてチャレンジされる方には確かに敷居が高い世界ではないかと思います。たとえば、株式トレードに限って言えば、何も知らない状態で市場で戦えば下手するとあっという間に退場ということがあり得ます。それくらい厳しい世界だと思っています。

関連記事>>>
投信積立でおすすめ銘柄はeMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)
投信積立でおすすめ銘柄はeMAXIS Slim 先進国株式
投信積立でおすすめ銘柄はeMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)
投信積立でおすすめ銘柄はeMAXIS Slim 新興国株式
投信積立でおすすめ銘柄はeMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

※上記のリンク先で過去に検討してきた投資信託を紹介しています。アセットアロケーションの組み方など、私自信紆余曲折いろいろ悩みました、ご参考になさってください。

tony0721
tony0721
投資して損したらどうしようという心理が初心者に働くは当然ではないかと思います。私もそうでした。

しかし、この先の日本経済を想像されたことありますでしょうか。果たして日本経済はどのように変遷していくでしょう。今は東京2020オリンピックへ向け、また安倍首相の再選もあり国策がぶれるようなことはないと思っています。

国自体が変な方向へ向かっていくことはまずないと思うのですが、そのあとは正直いって何も判らないといったところです。世界の投資家たちもそのように感じているのではないでしょうか。日本はもう、どう頑張ったとしてもこの先少子化によりどんどん総生産力は落ちてきます。そして、高齢者はものすごい数になってくるでしょう。

そして、色んな要素の合わせ技ですが、収入はそんなに増えないと思いますけど物価はあがると思います。では、どうするかですね。

tony0721
tony0721
本業でしっかり稼ぐのは当然とは思うのですが、資産運用もしっかり考える時代だと思います。円で貯金したままだと、毎年複利で資産は目減りしていきますので、私は投資すべきだと考えています。
yuka
yuka
今は、NISAやつみたてNISA、iDeCoなど各種制度が整ってきていて、投信積立をはじめやすい環境になってきていますね。

最近私がおもうことなのですが、日本の格差社会もアメリカみたいになってきたな、と思っています。

アメリカは富裕層と貧困層で天と地ほどの差があるじゃないですか。日本も最近そういう傾向にあるような気がしてならないのです。資産を持っている人は、どんどんもうかる。ない人はずっとないまま。そんな感じになってませんか?

tony0721
tony0721
本日は、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の紹介をしますね!
yuka
yuka
はい、tonyさんよろしくお願いします。できれば詳しく教えてください!
tony0721
tony0721
判りました、解説しましょう。

初心者に始めやすい投資方法として、投資信託の積み立て(投信積立、つまりインデックス投資)があります。

私は、世界の時価総額の比率に応じて先進国株、新興国株、日本株に投資信託を購入することで均等に投資するように心がけていますが、米国は人口が増えている国ですし、どう考えても世界No.1の国ですので当面の間No.1の座から転げ落ちることはないと思っています。

ですので、これ一本に積立投資する方法もありだと思っています。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の特徴

投資対象

投資対象の特徴

tony0721
tony0721
eMAXIS Slim 新興国株式インデックスは米国株式の指数S&P500の値動きに連動する投資成果をめざします。

細かい説明をすると、「S&P500指数(配当込み、円換算ベース)をベンチマークの純資産額の変動率をS&P500の指数の変動率に一致させることを目的とした運用を行います。

特色として、対象インデックスとの連動を維持するため、先物取引等を利用し株式の実質投資比率が100%を超える場合があります。

yuka
yuka
もう一つの特色としては、為替ヘッジを行わないため、為替相場の変動による影響を受けるのですよネ?
tony0721
tony0721
そうですね。為替ヘッジがないので、円高の時に買って円安の時に売るのが理想の形だね。でも、今後一時的に円高になることはあっても長期で考えて円高になることってあまりないのではないかと考えています。
ファンドの仕組み


※18/7/3交付目論見書より引用

投信のイメージは上記のとおりです。

tony0721
tony0721
米国の大・中500の企業の株式に投資するファンドとなっています。

運用実績

この投資信託は2018年7月3日に設定されました。まだ3カ月しか経過していませんが、8/31までの運用実績を掲載します。

tony0721
tony0721
純資産額に関しては右肩上がりとなっていて成長を続けていますね。これは、運用する資金が増えるということです。

これが、逆に減ってしまって満足な運用ができなくなると、「繰上償還」といって、投資活動を停止し返金される場合があります。こうなってしまった場合、まず負けてると思ってもらって差し支えないと思います。

なお、改めて、類似の投資信託の紹介も兼ねるのですが、この記事を投稿した18/10/7現在で、以下のような純資産となっています。投資対象は異なるのですが、楽天全米株式インデックスと比較されることが多いと思います。

類似投信との純資産比較
  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)⇒純資産額40億円に到達
  • 楽天全米株式インデックス ⇒純資産額240億円に到達
  • 楽天全世界株式インデックス ⇒純資産額140億円に到達
基準価額の推移

※18/8/31マンスリーレポートより引用

yuka
yuka
設定されてからは右肩上がりで資産が集まり、基準価格も上昇していることが読み取れますネ!

主な資産の状況と組入銘柄

tony0721
tony0721
続いて、組み入れ銘柄の明細を掲載します。

アップル、マイクロソフト、アマゾン、フェイスブック、・・・・。そして、バフェットさんのバークシャーハサウェイもランクイン!そうそうたる銘柄がランクインしていますね。既に、成長している超巨大企業ですがこれからの成長もまだまだ期待できそうな顔ぶれです。

組入上位15銘柄

※18/8/31マンスリーレポートより引用

組入上位10業種

※18/8/31マンスリーレポートより引用

yuka
yuka
本当にすごい銘柄ばかりですね・・・。
tony0721
tony0721
すごいですね、しかし米国株は日本株のように乱高下しないですし。株主に対して本当に手厚いんです毎年配当を出し続ける会社ばかりです。

購入時手数料・信託報酬・信託財産留保額

tony0721
tony0721
 購入時手数料、信託報酬などのスペックですがまとめてみました。このeMAXIS Slim米国株式(S&P500)のコストですがお安くなっています。

投信積立の銘柄選びは、とにかく手数料を低コストで抑えることが重要になってきます。つまり、コストがどれだけ発生するかしっかり確認していただきたいです。

発生する手数料としては「販売手数料」「信託報酬」「信託財産留保額」の3つがあります。

「販売手数料」の考え方について

tony0721
tony0721
販売手数料は、金融機関がファンドを顧客に販売する際に発生する費用となります。

たとえば、「販売手数料」が3%のあるファンドを10000円かったとしましょう。すると、9700円からスタートになるのですね。購入後、上がるか下がるか判らないですが、買った瞬間に3%負けた状態と。

ですので、購入する投資信託は販売手数料が無料(=ノーロード)のものを絶対に選んでください。今は販売手数料が無料のインデックスファンドが主流となっていますので、あえて販売手数料がかかる投資信託を選択する必要はありません。

投信積立(インデックス投資)をおこなう場合選択するのであれば、販売手数料が無料の投資信託を選択してください。

ネット証券などインターネット購入できること投資信託では、販売手数料が無料のノーロードファンドが多数登場しています。

yuka
yuka
銀行の窓口で投資信託を購入するのはもったいない気がするナァ。

「信託報酬」の考え方について

tony0721
tony0721
次に、毎月積み立てる投資信託が定める「信託報酬」を支払う必要があります。ネット証券だと、買い付けた投信の「基準価格」が毎日更新されると思いますが、投資信託の評価額の中から引き去られると覚えておいてください。

信託報酬は、資金運用を運用会社に委託する「委託費用」に該当するものです。投資信託を運用する際に発生する人件費やその他各種費用であり、前述したとおり購入した投資信託の基準価格から差し引かれます。

今回紹介するeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は、S&P500という指数に連動するインデックスタイプの投資信託の中で、特に安いです。

購入時手数料なし、無料(ノーロード)
信託報酬(税抜)0.160%以内
信託財産留保額なし

となっています。

yuka
yuka
購入時手数料も、信託財産留保額もなしですネ!

また、ファンドの純資産総額に応じてオプションのような条件がついていて、信託報酬が段階的に引き下がるようになっています。これは、嬉しいですね。

純資産総額信託報酬率(年率)
500億円未満0.160%
500億円以上1,000億円未満の部分0.155%
1,000億円以上の部分0.150%
tony0721
tony0721
(いい感じですね。)

また、冒頭に書いたのですが、三菱UFJ国際信託は、eMAXIS Slimシリーズで「業界最低水準の信託報酬を目指す」という理念を掲げています。

他社が、これより安い同内容のファンドを設定すれば、価格競争で値下げするということは十分考えられるでしょう。

関連記事>>>
投信積立でのアセットアロケーションを検討する
投信積立の解約タイミング、出口戦略を考えてみた
生活防衛資金の目安はいくら?投信積立のために決めること

おすすめコンボ

tony0721
tony0721
さらに、これとコンボで使うとすごいことになってしまうのですが、

楽天証券において楽天カードで投信を積み立てすると1%の楽天スーパーポイント

をGETすることができます。(2018年10月27日(予定)設定分より)

さらに、この楽天スーパーポイントで投信の買い付けが可能になります。

すると、どうなるのでしょうか。信託報酬ほとんどない状態で投資信託を運用しているような計算になってきます。さらに、この楽天スーパーポイントでeMAXIS Slimシリーズの投信積立につかっていくと複利の効果がでてくるでしょう。

関連記事>>>
投信積立のおすすめ銘柄は楽天証券でeMAXIS Slimを楽天カードで支払う
投信積立でiDeCoはSBI証券、つみたてNISAは楽天証券

yuka
yuka
これって、信託報酬手数料をほぼカバーしてくれるくらいのポイント還元が受けれるというコト?

分配金

投資信託の運用方針をみると、分配金を出さずに運用へ再投資するファンドや顧客からの預かり資産である「純資産」を削って分配金を出す投資信託など、分配方針は異なります。

tony0721
tony0721
投信積立で購入可能なファンドでは、分配金を出さずに純資産額が右肩上がりに増えている投資信託のから選択するのがよいです。

決算日は毎年4月25日となっており、この日に分配金を決定されます。

分配金額の決定は信託財産の成長を優先し、原則として分配を抑制する方針となっています。また、販売会社との契約によっては、収益分配金の再投資が可能となっています。と、資料には書いてあるのですが、これまでのところ分配金の発生はありません。

yuka
yuka
まだ、一度も決算日を迎えていないというのもありますしね。 

分配金が出てしまうと、分配金への課税分(約20%)投資パフォーマンスが悪化するので、これからも再投資してただきたいですね。

yuka
yuka
投信積立では分配金はでたとしても再投資で複利で運用したいですネ。

つみたてNISAとiDeCoので積立可能か?

tony0721
tony0721
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は、NISAおよび、つみたてNISAの対象です。

そして、SBI証券では、新たに2018年11月1日から「セレクトプラン」という新プランを設定することを発表たのですが、このプランでeMAXIS Slimシリーズが選択できるようになりました。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)だけでなく、私の投信積立・インデックス投資で積立している銘柄である、eMAXIS Slim先進国株式インデックス、eMAXIS Slim新興国株式インデックス、eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)もiDeCoの対象となります。

yuka
yuka
つみたてNISA、iDeCoに対応するようになるということは非常にありがたいですネ!

私の実践するインデックス投資はこんなもの

私は、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)とは別に、日本を除く先進国に分散投資できる、eMAXIS Slim 先進国株式インデックスというインデックスタイプの投資信託を主軸に、3本の投資信託をミックスし投信積立を運用しています。

こちらの投資信託は、先進国の株式に投資するインデックスタイプの投資信託の中で、業界最安の信託報酬を実現しています。

インデックス投資の原則は、「低コスト投資信託」で運用することなので、最終結論として、eMAXIS Slim 先進国株式を主軸にインデックス投資の銘柄を選定することにしました。

tony0721
tony0721
米国がこけたら世界経済がこけてしまうので、米国株式一択でもよいような気はするのですが、基本に忠実にいくことにしました。また、新興国の台頭に期待している部分もあります。 

そして、アセットアロケーションは、以下のように設定しています。これは、全世界の株式の時価総額の比率にあわせた設定となっています。

国内株式:先進国株式:新興国株式=10:80:10

ちなみに、この場合の期待リターンとリスクは、

期待リターン:年率5.41%、リスク:18.96%

となります。期待リターンは年率5.41%が見込めること、リスクは、品質管理の考え方にならうと2σ、つまりおよそ95%の確率で18.96%の一時的下落の可能性がある。ということになります。

期待リターンとリスクをグラフ化すると以下のようになります。

アセットアロケーション・リスクと期待リターン

そして、長期投資による運用結果の予想は次のように予想されます。

月6万円で30年インデックス投資した場合の資産推移

※この計算は、長期投資予想/アセットアロケーション分析で計算できます。

ウェルスナビなどは債権やGOLDなどを含むのでもう少しマイルドになると思いますけど、へこむときは結構へこむ可能性があるのですね。

投資にはリスクがつきものです、しかし、暴落があってもめげずに淡々と投信積立を続けると、私のアセットアロケーションの場合年率5.41%で複利で資産形成ができますよということになります。

yuka
yuka
非常に判りやすいグラフになっていますね!

投資信託開始当初は色々な銘柄に投資していた

投資信託を始めた当初は何がなんだかよくわからない状態で、とりあえず、SBI証券で「よく売れている投信」をスクリーニングして、「適当に」購入していました。正直言ってなにも考えずに、投資信託を買っていました。

tony0721
tony0721
しかし、2018年のレンジ相場ではアクティブファンドは、一時ボロボロになりました。

投資信託の特性をよく知らない私は、その際大きく赤字になっている投資信託を狼狽売りしてしまいました。今考えれば、その時こそ仕込みどころだったのかもしれません。

yuka
yuka
あのころはホントにきつかったデスネ!

アクティブファンドからインデックスファンドへ切り替え

前述のような失敗を経験し、ウェブサイトや書籍を読んで投資信託に関しては、アクティブファンドはインデックスファンドに負けてしまうという現実を目の当たりにしました。しすてアクティブファンドを解約してはインデックスファンドの購入を始めるきっかけが生まれました。

tony0721
tony0721
「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」というブログを、運営されている方がかいた著書「お金は寝かせて増やしなさい」を読了し、目からウロコが落ちました。
インデックス投資のバイブル

低コストなインデックスタイプの投資信託で全世界に、淡々と積み立て投資し、「複利の力」を最大限に活用することで、インデックス投資のリターンを最大限に引き出し、リスクを低減する手法がある、と。

国策として、つみたてNISAやiDeCoも始まり、投信積立にも注目が集まっていると思われます。人気のあるインデックス投資信託は限界に近いところまできているような印象もうけますが、とにかく手数料の安いインデックス投信を選ぶようにしていきましょう。

インデックス投資+α

私は、投信積立つまりインデックス投資を構築するために、eMAXIS Slim 先進国株式インデックスと、eMAXIS Slim 新興国株式インデックス、eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)との併用で、投信積立(インデックス投資)をおこなうことにしました。

そして、今回紹介させていただいた、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)をアクセントとして加えて保有しています。

tony0721
tony0721
欲張りなので、リターンをもう少し狙っているということですね。
yuka
yuka
こうやって、あーでもない、こーでもないと考えるのも結構楽しいですよネ!
tony0721
tony0721
そうだね!それと、毎度おなじようなことを書くのですが、投資信託は銀行ではなくネット証券で買うことがおすすめです。
yuka
yuka
ナゼデスカ?
tony0721
tony0721
銀行の店頭で販売されている投資信託は購入時手数料や信託報酬の高いアクティブファンドが多いです。インデックスファンドはまずお目にかかれません。銀行員の販売は、販売手数料のかかる投信や、信託報酬の高い銀行が儲かる投資信託を販売することが多いです。

ですので、自分で投資信託の仕組みを勉強し、銘柄を研究し、自分の責任において投資信託を購入して資産運用して頂きたいと思います。

よろしければ応援クリックおねがいします
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください