全世界株式インデックス

NAFTA再交渉の内容は?日本の自動車関連銘柄に影響はあるのか?

北米自由貿易協定(NAFTA)の見直しをめぐり米国、メキシコ両国政府が、自動車関税をゼロとする条件の厳格化で大筋合意したというニュースが流れていますね。

日本の自動車メーカーの多くは人件費が安いメキシコで生産した自動車を米国に輸出しています。

この協定の改定が実現すれば関税負担の増加を避けるために部品の域内調達(アメリカ国内での部品調達)の拡大は必須となります。

トランプ大統領
トランプ大統領
アメリカでいっぱい買物してね!

この条項は、私が勤務している会社も米国に製品を輸出しているので解るのですが、「バイ・アメリカン条項」という取り決めが存在します。

tony0721
tony0721
この条項なのですが、かなり厳しいものとなっています。

NAFTAで見直しされる「バイ・アメリカン条項」とは

そもそも、今回、NAFTAで見直しされた、バイ・アメリカン条項とは一体どのようなものなのでしょうか?

バイ・アメリカ制度はアメリカに物凄く有利な条項

この「バイ・アメリカン条項」というのはアメリカに製品を輸出しても良い(あまり関税をかけない)替わりに、

アメリカのヒト・モノ・サービスを使いなさいというもの条項です。

今回アメリカとメキシコで合意に至ったこの条項ですが、かなり強烈だと私は感じています。

今回、米国とメキシコは、この比率を現在の62.5%から75%に引き上げることで合意しました。

tony0721
tony0721
これはアメリカでモノを売るなら、75%のお金をアメリカに落としなさいと言われています。

製品の製造にかかる費用の合計金額のうち75%をアメリカで使いなさい。

ということで、どこのメーカーもアメリカに設計事務所を設置してそこで設計をしたり、出張の際には、アメリカの航空会社を使ったりあれやこれやととにかくアメリカで費用を落とすようにします。

ところがです。

小手先の対応だけではバイ・アメリカ条項は回避できない

しかし、色んな努力はしてみるものの、このようなやりくりも限界があるのでアメリカで部品調達先を見つけなければなりません。

これが、非常に難しいと私は考えています。

急に、精度の高い部品を造ることができるそして信頼できるサプライヤーが現れるのか?

と言えば難しいと言わざるを得ません。

 

物凄い、関税がかかることは避けることはできたけど、日系自動車メーカーの収益を圧迫するのは間違いのない事実だと思います。

tony0721
tony0721

製造業における部品調達の基本は地産地消なので、隣国とはいえ、物凄くやりにくいと思います。

現在メキシコで操業している日系自動車メーカー

メキシコには現在、トヨタ自動車、日産自動車、ホンダ、マツダの日本の主力自動車メーカー4社が乗用車の工場が操業を続けています。

さらに、ですがトヨタは2020年の稼働を目指し新工場を建設中です。

ニュースを見て確認したのですが4社のメキシコにおける17年の自動車の生産台数は計133万台。

このうち輸出台数は計95万台超で多くが米国向けとのこと。めちゃくちゃ量産してますね。影響は大きいと思っています。

とりあえず、最悪の事態は免れたもののバイ・アメリカン条項に対応しなければならないため今までより経営環境は厳しくなってくるのは確実だと思われます。

 

今回は、アメリカ向け自動車をメキシコで作っていることに対する問題について、最悪の事態は回避できたことによって自動車関連銘柄の株価は上昇しています。

問題は、日本から輸出する自動車にかかってくる関税がどうなるかですね。

日本とアメリカの自動車貿易の現状

日本からの対米自動車輸出には2.5%の関税が課せられる半面、米国からの対日輸出の関税は既にゼロになってます。

ちなみに、EUからの自動車を輸入した場合日本は、対EUに10%の関税をかけている。

ここに、アメリカは対米自動車輸出にさらに関税をかけてくるのだろうか?

一時期、対米自動車輸出に対して25%の課税をするという噂も立ったが着地点はどうなるのだろうか。

米国への完成車輸出に25%の関税が適用されると、トヨタ自動車で1兆円、国内自動車メーカー全体では、2-2.5兆円規模のマイナスの影響が出るという試算もあるようです。

これからの日本株相場の予想

おすすめサイトおよび、おすすめ記事

今年に入ってから大きな株価のあげさげありましたが米国株は最高値を更新してきました。

そして昨日、日経平均も23000円をタッチしました。

そろそろ、夏枯れ相場も終わり・・・、収穫の秋へと移行する時期へ差し掛かってきつつあるのではないか?と思っています。

日経平均23000円を上抜くのも時間の問題ではないかと感じている今日この頃です。

私はというと、ロボアド投信の解約申し込みをしました。

そして今、キャッシュを作っています。

このキャッシュですがまずは全世界インデックス投信に投入していく予定です。

本日のも少し株式トレードしました、

※下のほうに、戦績を掲載することに致しました。

もしよろしければご確認ください。

本日も最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

ブログランキングに参加しています。ポチって頂けると大変嬉しいです!


戦績(株式トレード結果)
初期投資2750000
2018/7E2855087
2018/8E2541424
2018/9/222675187
前日比+55199
前月末比+133763
Total(損益)-74813
利回り(年利)-2.72%

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください