投資信託紹介

投信積立でおすすめ銘柄はeMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)で投資

三菱UFJ国際信託が掲げる、「業界最低水準の信託報酬を目指す」理念のもと販売されているeMAXIS Slimシリーズで、日本国株式に分散投資できるのが、eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)というインデックスタイプの投資信託です。

私が今後、投資信託を積み立てていく際の主力商品となります。

そして、eMAXIS Slim 先進国株式とミックスして運用します。

現在はひふみプラスを持っていますけど、これはこれで日経も回復してくるでしょうし、現時点で解約はしません。

むしろ、余力資金で並行して、eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)を積み立て。

頃合いをみて、ひふみプラスを解約・換金・再投資という流れを考えています。

ということで、

tony0721
tony0721
eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)のスペックを確認してみました。
アレクサ
アレクサ
どんな感じなのカナ?

eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)の特徴

投資対象

eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)は、日本株のうち東証一部上場の全銘柄を対象にした、

TOPIX(東証株価指数)に連動する投資成果をめざします

日経平均をは構成する225銘柄の指数に連動する投資となるのですが、これだと、対象銘柄が東証一部上場銘柄に分散投資ができます。

投資信託の概要は以下のとおりです。

そして、肝心の投資対象ですが、以下のとおりです。

tony0721
tony0721
ふむむトヨタがNo.1ですか!その他、金融機関が上位に食い込んできていますね! 

組入上位10業種

※18/7/31マンスリーレポートより転載

tony0721
tony0721
色んな業種に分散されていますね!

組入上位15銘柄

※18/7/31マンスリーレポートより転載

アレクサ
アレクサ
やはり、日本のNo.1企業はトヨタですね。しかし、ソフトバンクが猛追していますよね。それがこれを見るとわかりますね。

購入時手数料・信託報酬(実質コスト)

コストのほうのスペックはこちら、アクティブファンドとは性質が違うけど、コストは断然お安いですよね。

購入時手数料なし
実質報酬(税抜)0.159%以内
実質コスト(税抜)
信託財産留保額なし

そして、eMAXISおなじみのオプションがついており、純資産総額が500億円以上になると、段階的に信託報酬を引き下げるようになっています。

購入時手数料と信託報酬(実質コスト)

購入時手数料、信託報酬などのスペックですがまとめてみました。

購入時手数料なし
信託報酬(税抜)0.142%以内
実質コスト(税抜)
信託財産留保額なし

となっています。

しかし、オプションのような条件がついていて、信託報酬はファンドの純資産残高に応じて、段階的に引き下がるようになっています。

純資産総額
500億円未満0.159%
500億円以上1,000億円未満の部分0.154%
1,000億円以上の部分0.149%

わずかではありますが、さがってくる余地があるようですね。

tony0721
tony0721
(いい感じですね。)

今まで、ロボアドで運用してきましたけど、やはり、こうして見てみるとコストが全然違いますね。

また、冒頭に書いたのですが、三菱UFJ国際信託は、eMAXIS Slimシリーズで「業界最低水準の信託報酬を目指す」という理念を掲げています。

 

他社が、これより安い同内容のファンドを設定すれば、価格競争で値下げするということは十分考えられるでしょう。

分配金

分配金は出さずに運用されると思われます。

分配金を出してしまうと、ファンドの純資産が取り崩されてしまいますから、

tony0721
tony0721
この投信も分配金なしで運用を続けてほしいですね。

つみたてNISAとiDeCoので積立可能か?

eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)は、NISAおよび、つみたてNISAの対象です。

しかし私が確認する限りiDeCoで取り扱っている、証券会社はありませんでした(※2018年8月時点)。

※調査不足であればスミマセン

国内株式インデックスとしての評価とその運用方法

ベンチマークを引用します。

これを見る限り、今年はボックス相場でみなさんやきもきしていますけど、純資産は右肩あがりで順調に増えていますね。

インデックス投資をされる方が増えてきたということでしょうか?

アレクサ
アレクサ
巷ではひふみ投信が人気ってよくきくけどネェ?
tony0721
tony0721
やはり、自分で研究せずに銀行にいってしまうと手数料の高い投信を買わされてしまうんだとおもうけど。ニュースなんかでも取り上げられたので、ちゃんと調べる人がでてきたのかなぁ?

※18/7/31マンスリーレポートより転載

eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)は、東証株価指数(TOPIX)と連動する投資成果を目指すファンドなので、東証一部上場の約2,000銘柄すべてに分散投資するのと同じ効果が期待できるインデックスファンドです。

 

eMAXIS Slimシリーズは、機動的に信託報酬を引き下げることによって、業界最低水準の信託報酬を目指すファンドで、信託報酬は最安値となっていて今後新たに低コストなファンドが登場したり、ライバルファンドが信託報酬を引き下げても追随して、常に業界最低水準の信託報酬となることが期待できるファンドです。

国内株式のアクティブファンドをお持ちの方が、インデックスファンドに、切り替えられるのであれば、検討の余地ありの投信ではないかとおもいます。

全世界インデックス(除く日本)とTOPIX

おすすめサイトおよび、おすすめ記事

私は、全世界インデックスを自作するために、eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)との併用に、この投信を選択しようかな?と考えています。

tony0721
tony0721
毎度おなじようなことを書くのですが、投資信託は銀行でかってはいけません。
アレクサ
アレクサ
ナゼデスカ? 
tony0721
tony0721
銀行の店頭で販売されている投資信託は購入時手数料や信託報酬の高いアクティブファンドばかりです。インデックスファンドはまずお目にかかれません。銀行員の販売は、銀行が儲かる投資信託を販売してきます。そして、その投資信託で利益をあげても、損をしても銀行は責任をとりません。

ですので、自分で投資信託の仕組みを勉強し、銘柄を研究し、自分の責任において投資信託を購入して資産運用して頂きたいと思います。

本日も、最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m
ブログランキングに参加しています。ポチって頂けると大変嬉しいです!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

戦績(株式トレード結果)
初期投資2750000
2018/7E2855087
2018/8E2541424
2018/9/222675187
前日比+55199
前月末比+133763
Total(損益)-74813
利回り(年利)-2.72%

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください