投資信託紹介

投信積立でおすすめ銘柄はeMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)で投資

三菱UFJ国際信託が掲げる、「業界最低水準の信託報酬を目指す」理念のもと販売されているeMAXIS Slimシリーズで、(日本を除く)先進国と新興国の株式に分散投資できるのが、eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)というインデックスタイプの投資信託です。

私が今後、投資信託を積み立てていく際の主力商品となります。

tony0721
tony0721
そのスペックを確認してみました。
アレクサ
アレクサ
そんなにすごいんかいナ?

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)の特徴

投資対象

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)は、(日本を除く)先進国と新興国の株価に連動します。

細かい説明をすると、「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本、円換算ベース)」をベンチマークとするインデックスファンドです。

この、「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本、円換算ベース)」は、先進国株式のインデックスである「MSCI KOKUSAIインデックス」、新興国株式のインデックスである「MSCIエマージング・マーケット・インデックス」から構成されています。


※18/3/19交付目論見書より引用

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)では、先進国株式と新興国株式2つのマザーファンドを通じて投資を行っています。


※18/3/19交付目論見書より引用

目論見書などを確認して調べて見たのですが、先進国株式に投資する「外国株式インデックスマザーファンド」は、「eMAXIS Slim先進国株式インデックス」、新興国株式に投資する「新興国株式インデックスマザーファンド」は、「eMAXIS Slim新興国株式インデックス」、と同じマザーファンドとなっています。

運用資産構成比率

国別の資産構成比率を示します。

トランプ大統領
トランプ大統領
やっぱり、アメリカがNo.1だなー!
tony0721
tony0721
圧倒的国力の差が・・・。これじゃ、EUを結成しないと対抗できないですね。


※18/7/31付マンスリーレポートより転載

組入上位10業種

組入されている銘柄(株式)の上位10業種の比率を示します。

tony0721
tony0721
かなり、バランスをとった構成にしてあるのカナ?


※18/7/31付マンスリーレポートより転載

組入上位銘柄

組入されている上位10銘柄を示しています。アップル、マイクロソフト、Amazon・・・。

tony0721
tony0721
そうそうたる企業ですね!
アレクサ
アレクサ
ワタシの生みの親のAmazonがランクインしていマスネ!


※18/7/31付マンスリーレポートより転載

購入時手数料と信託報酬(実質コスト)

購入時手数料、信託報酬などのスペックですがまとめてみました。

購入時手数料なし
信託報酬(税抜)0.142%以内
実質コスト(税抜)
信託財産留保額なし

となっています。

しかし、オプションのような条件がついていて、信託報酬はファンドの純資産残高に応じて、段階的に引き下がるようになっています。

tony0721
tony0721
(いい感じですね。)
純資産残高信託報酬(税抜)
500億円未満の部分0.142%
500億円以上1,000億円未満の部分0.137%
1,000億円以上の部分0.132%

今まで、ロボアドで運用してきましたけど、こうして見てみるとコストが全然違いますね。

これが数年~十数年続くとなるとかなりの差が出てきそうです。

また、冒頭に書いたのですが、三菱UFJ国際信託は、eMAXIS Slimシリーズで「業界最低水準の信託報酬を目指す」という理念を掲げています。

 

他社が、これより安い同内容のファンドを設定すれば、価格競争で値下げするということは十分考えられるでしょう。

分配金

分配金は出さずに運用されると思われます。

分配金を出してしまうと、ファンドの純資産が取り崩されてしまいますから、

tony0721
tony0721
分配金なしで運用を続けてほしいですね。

つみたてNISAとiDeCoので積立可能か?

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)は、NISAおよび、つみたてNISAの対象です。

しかし私が確認する限りiDeCoで取り扱っている、証券会社はありませんでした(※2018年8月時点)。

※調査不足であればスミマセン

全世界インデックス投信としての評価とその運用方法

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)は、(日本を除く)先進国と新興国の株価の指数に連動する投資成果を目指し、「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本、円換算ベース)」をベンチマークとするインデックスファンドです。

と、小難しいこと言いましたが、日本株式に一部投資していることを除けば、先進国株式に投資する「eMAXIS Slim先進国株式インデックス」、新興国株式に投資する「eMAXIS Slim新興国株式インデックス」に投資しているのと同じです。

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)でも十分低コストなファンドです。

日本の指標が入っても問題ないようであれば、自分で比率を調整して「eMAXIS Slim先進国株式インデックス」と「eMAXIS Slim新興国株式インデックス」に投資をした方が、

今の比率(先進国87:新興国13)であれば、それぞれのインデックスファンドを

購入した方が信託報酬は低コストとなります。

このような感じになると思います。

 

87% × 0.109(先進国)+ 13% × 0.189(新興国) = 約0.1194%

私の場合は、日本の指標を排除したインデックスを組みたかったので、この「eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)」を主軸にMYインデックスを組んでいきます。

当面は、レオスキャピタルのひふみプラスとの併用をする予定ですが、どこかのタイミングで日本株インデックスの「eMAXIS Slim (TOPIX)」へ、切り替える予定です。

今回の記事を書いてみて、一つだけひっかかった点をしっかり確認しておきます。

10%×0.159% (日本株)+ 90%×0.142(全世界)= 約0.1437%

おや、少し割高?

あれ、いやいや、結構ちがうかな?

要は現在の、世界の株価の時価総額の比率に応じて、全世界の成長に対して投資するというのが目的です。

現在は、世界の株価の時価総額の比率に応じて投資すればOK!

ということで、以下の比率で投資していこうと思っているのですが、

日本10% + 先進国90% + 新興国10%

このうち、日本株が足を引っ張るのは確実ではないかという私の個人的な考えで、eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)を、投資信託の主軸とました。

最も安い、eMAXIS Slim先進国を基軸とするか悩む

おすすめサイトおよび、おすすめ記事

このコストの差異をみてどうするか少し悩む方もおられるかもしれません。

このあたりの考え方はお好みでミックスされると良いかと思います。

tony0721
tony0721
毎度おなじようなことを書くのですが、投資信託は銀行でかってはいけません。
アレクサ
アレクサ
ナゼデスカ?
tony0721
tony0721
銀行の店頭で販売されている投資信託は購入時手数料や信託報酬の高いアクティブファンドばかりです。銀行の利益と、我々個人投資家の利益を天秤にかけたときに、銀行員はどちらの利益を優先させるでしょうか。

ですので、自分で投資信託の仕組みを勉強し、銘柄を研究し、自分の責任において投資信託を購入して資産運用して頂きたいと思います。

本日も、最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m

ブログランキングに参加しています。ポチって頂けると大変嬉しいです!

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

戦績(株式トレード結果)
初期投資2750000
2018/7E2855087
2018/8E2541424
2018/9/222675187
前日比+55199
前月末比+133763
Total(損益)-74813
利回り(年利)-2.72%

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください