投信積立でeMAXIS Slim全世界株式(除く日本)先進国株式どちら選ぶ

先日、投資というものは戦略があって、それに基づいて着々とやるべきことをやっていく。淡々と、積立投資をしていくべき、と指導を頂いたお話をさせて頂きました。

私の言葉で言い換えると、

tony0721
tony0721
「戦略のない投資は、投機である」と、考えるようになりました。
yuka
yuka
どうしたんデスカ?急ニ? 

株式投資も、長期投資であれば投資と言えることもあるのでしょうけど、まぁ、私がやっているような株式投資は投資などとはいえる代物ではなく、確実に「投機」ではないかと思います。

急にどうした?投資と投機の違い!

これは、これで少額で、しかも決まった定額で遊んでいるうちは、良いと思うんですね。

tony0721
tony0721
但し、「投資」ではなく「投機」です。

これも指導頂いた内容の受け売りになってしまいますが、デイトレ、スイングトレードやポジショントレードなどの短期の「トレード」は、勝つ人間が存在する一方で、負ける人間が必ずいます。

私の考える「投資」とは、

tony0721
tony0721
 市場全体的に上昇基調にあり、成長していっているなかで、リスクを分散しつつ確実に利益を出すこと。これに、資金を投入していくことを「投資」と呼称したいと思うようになりました。 
yuka
yuka
ずいぶん成長しましたネ!
eMAXIS Slim シリーズ
米国株投信
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
日本株投信
eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)
先進国株投信
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
新興国株投信
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
全世界株(除く日本)
eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
全世界株(含む日本)
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

※上記のリンク先で過去に検討してきた投資信託を紹介しています。アセットアロケーションの組み方など、私自信紆余曲折いろいろ悩みました、ご参考になさってください。

株式投資については、超優良株と呼ばれていたような「東京電力」をホールドしていた方も昔はよく稼いでおられたかもしれません。

しかし、東北の震災の被災及びその後の対応の不始末で、その株はいくらになったでしょうか。ずっとホールドしていたら数十分の1に目減りしています。

よく、「卵は一つのかごにもるな!」と言われるゆえんであると思います。しかし、一般個人投資家が、数々の銘柄を分散して持つことは現実的に不可能です。

tony0721
tony0721
そのため、個人投資家ができる、健全な「投資」といいうのは、「投資信託」を運用すること、という結論に至りました。

いままで「投資」と思ってやってきたことは、「投機」であることを認め、これからは理にかなった投資をやっていきたいと思います。

投資と投機の違い、確実にもうかる投資とは

投資信託を始めたころの投資は投機だった

tony0721
tony0721
私は、いろんな投資信託を実際に買ってみて、実際に値動きを体験し、ロスカットも経験しましたが、最終的に行き着いた答えはこうです。
  1. 「投資」をするのであれば、全世界に投資すること。
  2. 投資する方法は「インデックスタイプの投資信託」を採用すること。
  3. 定期的に同じ金額で積立を継続すること。

この3点です。ちなみに、投資信託は銀行で買ってはいけませんよ!手数料の高い投資信託を売りつけられる問題も多数起こっています。

銀行は、個人投資家から利益を得ようとしますので、手数料、信託報酬の高い商品を、薦めてきます。

ですので、自分で調べて、自分の責任の範囲において、「投資信託」を選定して頂きたいと思います。

いろいろ研究してみて自分に合うのはインデックス投資だった

私が今まで体験したこと、勉強したことから申し上げますと、ひふみプラスなど(ひふみはまだ全然いいほうです)に代表されるような、アクティブタイプの投信は、インデックスタイプの投信に8割程度の確率で、負けてしまうというこ統計が出ています。

データで証明されているんですね。理由としては、アクティブタイプの投信は信託報酬がインデックスタイプの投信より、何倍も高いです。

tony0721
tony0721
これを10年~20年、しかも複利で計算するとなるとこの差は顕著に現れてきます。

そして、世界の人口は(除く日本)増加傾向にあります。これはご存知ですよね。先進国の筆頭であるアメリカも、人口は増えており足元の景気は堅調です。(アメリカの人口ですが現在3億2千万人くらいですが、2050年には3億9千万人との試算です)

人口がどんどん増えていく新興国では、電話もガラケーもとおりこして、いきなりスマホが普及したりしています。

中国では、商品の売買をQRコードで決済しています。技術革新というかタイムワープというかすごいことがこの先起こる可能性が、私はあると思っています。

今や、スマホさえあれば有名大学の講義がどこでも受けれるんですから。人口の多い新興国が本気になったらどれだけ成長するかは計り知れません。

つい、10年前まで「新興国」ではなく「発展途上国」と呼ばれていた国に、日本が猛追される日は近いと思っています。日本は、この先どうなっていくか読めませんけど、少子化の問題はかなり国力に影響を及ぼすでしょう。

と、ネガティブなことをすこし書きましたが、息を吹き返すかもしれません。では、どうすればよいか。

tony0721
tony0721
一番手堅い方法は全世界に対して投資することだと思っています。

具体的な方法としては、手数料の安い全世界タイプのインデックス投信に投資すること。

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)インデックスの概要

これは、私の勝手な持論ですが三菱UFJ国際信託の「eMAXIS Slim」シリーズの中から、「eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)」を基軸となる投資信託としておすすめしたい。

と、思っています。私も、これから資産を動かしていきます。

eMAXIS Slimシリーズを選んだ理由

何故ならばというと理由は2つあります。一つは「三菱」という信用。

yuka
yuka
三菱デスモンネ! 

そして、これが一番大きな理由になりますが、信託報酬の額ですね。eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)の信託報酬は0.1536%(税込)となっています。

そのスペックの詳細は以下のとおりです。

運用方法全世界株式(除く日本)
連動指数MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)
買付手数料ノーロード(無料)
信託報酬0.1536%(税込)※純資産500億未満の場合
信託財産留保額なし
為替ヘッジなし

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)の良いところは、株式のインデックスであって、ETFのインデックスファンドでないことですね。

難しい言葉ですが「三重課税」の問題を回避する投信となっており、税の問題で有利です。

関連記事>>>
積立投資でのアセットアロケーションを検討する
積立投資をおすすめする理由、複利の効果とは
積立投資の解約タイミング、出口戦略を考えてみた
生活防衛資金の目安はいくら?積立投資のために決めること

次の章では、全世界株式インデックスの主力銘柄と、信託報酬の違いを見ていきます。

他社の全世界株式インデックス銘柄と信託報酬の比較

tony0721
tony0721
eMAXIS Slim シリーズは業界最低水準を目指し続ける、という運用方針を打ち出しているので、現時点の全世界株式ファンドで1番安い信託報酬を打ち出しています。

他社が値下げすれば、この値下げに応じることもあり得ます。それでは、他社との比較をしてみましょう。

投資信託名信託報酬(税込)
eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)0.153%
野村つみたて外国株投信0.205%
eMAXIS 全世界株式インデックス0.648%
楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)0.2296%

他社と比較しても、信託報酬で軍配があがりました。

注意点は、eMAXIS 全世界株式インデックスは手数料がお高いことです。eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)インデックスであれば、信託報酬はお安いです。

もし、購入されるのであれば、間違わないようにしてください。

投信積立(インデックス投資)の運用方法

tony0721
tony0721
しかし、3カ月間紆余曲折した結果、私の投資方法の結論としては、
  1. eMAXIS Slim先進国株式インデックス
  2. eMAXIS Slim新興国株式インデックス
  3. eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)

の組み合わせで自分ファンドを作ることに決めました。

基軸となる銘柄を、eMAXIS Slim先進国株式インデックスと、していきます。なぜ全世界株式のなかから、日本株ファンドを除外した商品を買うのか?

ですが、一日本が衰退してくるようであれば、日本株式のインデックスと、先進国株式インデックスを分けて持っていた方がリバランスしやすいと考えたこと。

もう一つは、この組み合わせで自分なりの投信積立(インデックス投資)のポートフォリオを組むのが現時点で最も安いということです。

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)インデックスと、eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)の組み合わせでもインデックス投資はできるのですが、

eMAXIS Slim先進国株式インデックスとeMAXIS Slim新興国株式インデックス、eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)を組み合わせた投信積立のポートフォリオとしたほうが信託報酬が安くあげることができることがわかりました。

投資信託の買い入れ方針について

tony0721
tony0721
そして、これらの投資信託の投資先の比率を、日本株式の投信の比率を10%、eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)の比率を90%に調整していきます。

つまり、アセットアロケーションは、

日本:先進国:新興国=10:80:10となるように調整していきます。

これは、全世界の株式の時価総額の比率どおりに分けた場合の数字になります。(おおよそです)変動があれば、それに合わせてリバランスをおこなう局面もでるかもしれません。

まずは、現在持っている投資信託は解約などはせずに、まずは、前述した銘柄を組み合わせての投信積立(インデックス投資)を開始します。

今まで、無謀な投機ばかりしてきたなと思って。本当にこれからの資産運用のことを現実的に考えたら、リターンに対するリスク。

リスクに対するリターンをしっかり考えなきゃいけないなと思ったんです。

株式トレードで稼げないことはないと思うけど、ほんとうに大変だと思うし、この投資法ならほか資産が増える可能性は本当に高いと思ってます。

また、ほったらかしの資産運用になるので他のことにも時間を使えると思うんだ。


▼こちらのブログもごらんください▼  
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
ABOUT ME
tony
tony
30代中盤サラリーマン、勉強しながら積立投資(インデックス投資)と成長株投資をやってます。2018/6スタート!まだまだ銘柄の目利きには慣れていませんが、よろしくお願いします。プロフィールページへ