株式トレードルール

株の売買ルールを再検証、ルールを全面改訂して厳しい相場を乗り切る

昨日・一昨日の日米通商協議前の調整、つい先日の日銀金融政策決定会合前の調整で、せっかく積み上げたプラスをすべて吹き飛ばしてしまいました。

他にも、株式トレードにおける基本パターンをおさえきれてなくて、損失を出したケースもありました。

しかし、こういう大きな調整の可能性が高いところで勝負に行く必要はこの局面ではなにもないと思います。

以前、ルールに従ってトレードをおこない、ルールに問題があれば、そのルールを直すというサイクルを回さなければいけないと記事に書きました。

これやらないと、日産自動車、神戸製鋼、JR西日本など直近で不祥事を犯した企業と同じことになってしまいます。しかし、現在、これが守られていません。反省です。ただし、これを守るということ。

つまり「決められたことを守るということ」がどれだけ難しいかというと、気が遠くなるくらい難しいことなんだと思っています。

何故って?名だたる大企業が実践できないということ。これらの企業はなぜできないのか。

それは、まず基準やマニュアルがなく属人化してしまっているからでしょう。そして、ほかの人の仕事の良しあしが良くわからない。

ブラックボックス化されているから、指摘のしようもないからなのだろうと思います。

言ってしまえば、人任せで全く管理できていないということ。前置きが長くなってしまいました。

そう、私自信も自分で自分がコントロールできていないということ。つまるところ、そういうこと。ルールや基準がない。適切でない。守られていない。

最悪です。

yuka
yuka
tony0721さん、急にどうしたのデスカ?いつも、イケイケナノニ?
tony0721
tony0721
今日は今後の株式取引のルールをどうするか考えたいなとおもってます

株式トレードルールの現状分析ついて

株式投資に関する、ネットの情報というのは新鮮な情報が入ってきます。

スマホを活用すれば、スクリーニングも簡単にでき的を絞ることは難しくありません。ですので、「イン」のタイミングをみつけることは簡単です。(と言っても、翌日いきなりさげてしまうこともあります。外的要因はどうしても受けますし)

インのタイミングでも細かいことを言えば、寄り付きで高すぎたらどうするかとか、あるとは思うのですが、現状のインの仕方でこれは問題ないと思っています。

最も問題だと感じているのは利益確定売りのタイミング損切りのタイミングです。

こればかりは、正解がないのかもしれませんが、自分なりのルールをもっておかないと、悪いところが判らず、相場の悪いときに資産を大きく減らしてしまう可能性があります

株式市場から退場をせざるを得なくなった方の大半がこういったところを適当にやってしまっているのではないかと思いました。

これを改善するため、以前作成したルールを改訂してきたいと思います。

感銘を受けたルール・べからず集
  • 絶好球が来たときのために、余力を残しておくこと。
  • チャートを見て、理由のないトレードは控えること。
  • 投資は現物枠、投機は信用枠を使うこと。
  • 信用(投機)の含み損は、大引けで決済してしまうこと。
  • トレードする銘柄は、寄り前までに決め他の銘柄はその日のザラ場を見ないこと。
  • ショートは寄り前から決めていた銘柄以外は触らないこと。
  • 一度確定させた銘柄はその日はそれ以上取引しないこと。
  • 毎日引け後にその日のトレードの反省をしてPDCAを回すこと。
  • 以上のことを繰り返すこと。

株式トレードルールRev.1.1へ改訂

今回ルールを改訂します。いままで、全然守られていなかったんですけどね。ここのところ、頭打って大きく負け越した内容をメインに既存ルールに付け加えていきます。

まだまだ初心者なので、至らない点・間違っている点などあるかもしれませんので参考までにしてみてください。

情報収集について

相場の確認

まず、相場の状況の確認について、各種相場、各種指標の状況確認をします。

①日本株株価推移について

東証、TOPIX、マザーズ、JASDAQの平均株価の推移を確認する。

日経平均は色々な指標に左右されやすいですが、短期で一番確認しておきたいのは前日の米国NYダウの終値、ドル円レート(円安が良い)です。これは絶対に確認します。

マザーズについては上海株価指数に引っ張られるといわれていますので、場中で大きな変動があればチェックします。(最近中国株が大きく下げているので、これに引っ張られる形でマザーズもどん底相場になっているのかもしれませんね。)

Twitterでリアルタイムの情報をキャッチできるのですが、余裕があれば日銀がETFの買い入れをおこなったかについても確認したいと思います。

この下支えがなくなると、日本株価の下落は多分免れないでしょう。

②日本株の出来高推移について

東証、TOPIX、マザーズ、JASDAQの出来高の推移を確認する。出来高が高ければ上昇が期待でき、低ければ下降が予想されるため推移を確認する。

③長期金利の変動(新規)

日本の長期金利の変動については、情報を収集すること。金利変動による株価への影響は「かぶたん」で詳しく説明されてるので良く確認して頭に叩き込むこと。

手じまいタイミング

①米国雇用統計を前はポジションを整理する(毎月第一金曜日21:30)

雇用統計のなかでも、非農業部門雇用者数と失業率には特に注目する。ここで良い結果がでれば週明けから好スタートが期待できる。

雇用統計前は原則ポジションの整理することを基本とする。(長期投資の場合は例外あり)

雇用統計の前までに、手じまいしてしまう投資家がいること。悪い数値がでたときのリスクに備えるため。株価が下げてしまえば、下がった株を拾えばよいだけ。

ホールドして翌日上がることをきたいするのはギャンブルであると考えること。リスクを回避したほうが得策と考える。

②日銀短観(4月初、7月初、10月初、12月中旬)前はポジションを整理する

同じく、日銀短観前は原則ポジションを整理することを基本とする。(長期投資の場合は例外あり)

③GDP(日本:四半期、米国:1,4,7,10月の21~30日)前はポジションを整理する

同じく、GDP発表前は原則ポジションを整理することを基本とする。(長期投資の場合は例外あり)

④ISM製造業景況指数(毎月第一営業日の23:00)前はポジションを整理する

同じく、ISM製造業景況指数発表前は一旦ポジションを整理することを基本とする。(長期投資の場合は例外あり)

⑤株主配当・優待権利落ち日前にポジションを整理する

同じく、権利落ち前までに原則ポジションを整理する。(優待狙い・長期投資の場合は例外あり)

決算(原則)ギャンブルしない(新設)・・・8/15絶対順守事項に格上げ

決算を跨いでの株式を保有しない。思わぬ発表があり大きく下げるリスクもある。決算時期はしっかり確認すること。

インの時のルール

事前確認

①事業内容、業績・将来性の確認

上がる株というのは、結局のところ業績なり将来性を買われて、あがるけど、そうでない場合もある。

ただ、株価が操作されているような株は危険なので、なぜ上がると自分で判断したのか、根拠をしっかり持ったうえでトレードを開始する。

②チャートの確認、原則

a.5日線より上で動く銘柄を狙う(順張り)

b.25日移動平均線付近での押し目買い(順張り)

c.25日移動平均から大きく乖離した株を狙う(逆張り)

の3パターンがあるが、どのパターンを狙っているのか確認し出来高も伴っているか確認する。

③出来高の確認

特に株価が強い上昇トレンドに突入するときは、必ず出来高が増加する。

出来高が急増した価格帯は意識すること。

インの仕方トレードの入り方

①初回イン時の買い方(原則)

①一目均衡表の遅行スパンが雲を抜けている上で、

②転換線が基準線を下から上に上抜くとき(ゴールデンクロス)

その他のインの時の買い方

③押し目買い

一目均衡表の基準線に接触したところで買い。

④自社株買い・業務提携などの強い材料がでた株の買い方

翌朝、高値からスタートする可能性が高い。

高値から下げて値動きが落ち着いたところから買うこと。

⑤信用売り残が多く逆日歩がついており、株価が上昇しつつある株(新規)

空売りの踏み上げ相場に期待できるので情報収集して狙っていく。

利益確定、ロスカットルール

これは、問答無用で機械的に決済できるようシンプルにいこうとおもいます。

①大きく値動きがあった場合(新規)

あからさまな大陰線や、大陽線が出現した場合。問答無用で、その日のうちにロスカットおよび利益確定をおこなう。翌日下げる可能性のほうが高い。

初回インの場合

値動きが激しい場合は一目均衡表の転換線を割り込んだところで利益確定

押し目買いの場合

一目均衡表の基準線を下回ったところで損切り、遅くとも翌日基準線より上に復帰しない場合はロスカット(反発すれば押し目買い成功となりホールド)

株式トレードルールの改訂を終え次の相場に臨む

今回記事にさせていただいた、取引ルールはあくまで個人的なものであり、皆さんの参考になるかどうかわかりません、私もまだ実践していません。

この盆相場はトレードしたとしても遊び程度にして、9月~10月相場でなんとか態勢を立て直したいですね。

※下のほうに、戦績を掲載することに致しました。もしよろしければご確認ください。

yuka
yuka
今回結構改訂したんジャナイ?
tony0721
tony0721
いや、本当に最低限だよ。本当はシステムトレードに限りなく近いほうがいいんじゃないかと思っている。人間の判断に頼ってしまうからいけないところのほうが私の場合多いんだよね。ただし、数値で定量的に管理していないから全然基準になってないんだよ。
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください