株式トレードルール

スイングトレード 銘柄選びより大切な儲かる人の傾向は何かを調べた

株の世界は不思議ですね。

ここのところ日経平均が連騰していますね。

NYダウも3日続伸となりました。

 

ドル円も堅調です。

東証一部も続伸!本日の騰落率ですが上昇が74%となっています。

対して私の主戦場マザーズは下落のほうが多いです。

普通だったら、74%も市場が上がれば勝てるはずなのですが、

私の保有株の評価額は1万円程度しかあがっていません。

主戦場がマザーズってこともありますけども。

 

スポットライトの当たらない株を持っていても、

日経平均の爆上げ相場でもあがらない。

ここのところ、本当にそんな感じになってしまっているなぁ、

と感じています。

 

どうも、今日あたり反転したのではないかな?と感じています。

 

ここのところ、相場が本当によくわかりませんでした。

そして、自分を見失いつつありました。(過去形)

なんせこんなことがあったもので・・・。

和心、新興株、急騰後の急落で大損!退場にならずすんだけどここのところ相場も連騰してきましたが、今日は過熱気味だったのか下げましたね。新興株は昨日下げ、今日は上げ下げまちまちといったところだったような気がします。昨日悲劇がおこりました。人の欲というのは怖いものですね。既に高値圏内にきていた新興株の和心(わごころ)ですが、リスクヘッジをかけていませんでした。デイトレであっても対応できたかどうか微妙と思うのですが、朝一番の寄りで買いを入れて「放置」という行為をとっていました。気付いたらストップ安6100円が5100円になっていました。...
yuka
yuka
おいおい大丈夫カヨ!

18/7/17株式市場概況(後場上げ幅下げる)

本日の特徴としては、日経平均よりもTOPIXが堅調。

一時230円を超える値上がりをするも引けにかけて上げ幅を縮小しました。

トピックとしては11連騰したソフトバンクが寄り高であったにも

かかわらず、前日比で値下がりとなりました。

また、中国関連銘柄が売られました。

  • 安川電機・・・・現在値:3605、▲285、騰落率:▲7.32%
  • ファナック・・・現在値:21170、▲895、騰落率:▲4.05%

これ、きついですね~。

日本の超優良企業が一日で7%オーバーもたたきのめされるという・・・。

中小型株は 1419 タマホーム、2168 パソナ、6047 Gunosy、

3905 データセクション、6182 ロゼッタなどに短期資金が流入。

前場よりつきからかなり上げてしまっていたため取りつくことが難しいかったです。

6047 Gunosyを少し触りましたが、

あがってもさがっても明日処分しようと思っています。

プロの見解をSBI証券から引用します

 

[東京 17日 ロイター] –
<15:32> 日経平均・日足は「小陽線」、ゴールデンクロス形成でも上値抵抗感

日経平均・日足は「小陽線」となった。5日移動平均線(2万2322円35銭=17日)が25日移動平均線(2万2319円98銭=同)を辛うじて上抜き、ひとまずゴールデンクロスを形成した。

ただ、上昇の力強さに乏しく、株高が一服すれば今度は一転、デッドクロスとなるリスクをはらむ。

今年1月23日に付けた年初来高値(2万4129円34銭)と3月26日に付けた年初来安値(2万0347円49銭)の下落幅に対するフィボナッチ比率61.8%戻しの水準(2万2684円67銭)も終値は上回ったが、日足の上ヒゲは長く、戻り売り圧力の高さを暗示している。短期のオシレーター系指標は過熱感を示唆している。

ボリンジャーバンド自体は拡散基調にやや一服感がみられる。収縮の兆しを強めた場合、レンジ相場からの脱却はさらに遠のきそうだ。

調整局面では5日線、25日線が下値のめどとして意識されるとみられている。

<15:20> 新興株は軟調、ハーモニックのストップ安で心理悪化

新興株式市場は軟調。東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均はともに3日ぶりに反落。大引け直前に日中安値を付ける展開となった。マザーズの下落率は1%を超えた。

ジャスダックの主力銘柄であるハーモニック・ドライブ・システムズ<6324.T>は、第1・四半期の受注高減少が嫌気されてストップ安となり、投資家心理を冷やした。「新興市場全体では様子見ムードが強い。

個人投資家の物色も猛暑関連などにとどまっている」(国内証券)との声が出ていた。

個別銘柄ではこのほか、ロゼッタ<6182.T>が急伸。ジャストプランニング<4287.T>がしっかり。ベイカレント・コンサルティング<6532.T>、ブランジスタ<6176.T>、和心<927 1.T>が大幅安。メルカリ<4385.T>、MTG<7806.T>がさえない。

引用元:〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、ゴールデンクロス形成でも上値抵抗感|SBI証券

今日も株式投資で儲かる人の傾向は何かを調べてみた

ここ数日、株取引に関する勉強をしてきました。

個人投資家には、資金の少ない人・多い人、

日中取引のできる人・できない人がいます。

私は、現在、株式取引(現物と信用買い)と投資信託の取引をしています。

 

そして、私も今、負けちゃってるんですが、

ここ数日これだけ日経があげてきているにも関わらず、

全然資産が回復してないんですよね。

なので、いったいどういう人が、株で儲けることができるのかを調べてみました。

【勝つための要素1】
・自分の方法を決める

これは、以前ロスカットルール(基準)を決めようということで、

このブログの記事にしました。

品質管理手法を新興株式トレードに取り入れる!ルールの作成一昨日、株式トレードにおいてルール("標準")を作らなければならない。その、ルールに従ってトレードをおこない、ルールに問題があれば、そのルールを直すというサイクルを回さなければいけないと記事に書きました。まずはルールの骨子を作ってみたいと思います。ネットでいろいろ徘徊してみて、つぎはぎですが組み立てていきます。...

なかなか守ること難しいのですが、

ルールですのでまもらなければなりません。

守らなければルールじゃないですからね。

 

それとおなじで、銘柄選定のルール(基準)、

利益確定のルール(基準)、突発対応のルール(基準)などが必要に思われます。

これを、頭に刻みこまないと勝てるようになってきません。

特に、低資金を回していく場合どうしても信用取引を

せざるをえなくなってくると思います。

ここで、7%、10%をこえるような負けを繰り返していては

破綻してしまいます。まずは、ルール(基準)をきめることが必要です。

【勝つための要素2】
・感情のコントロールをできるようになること

今は、相場が乱高下しているので非常に難しい局面かと思います。

 

そうでなくて、上昇局面であったとしても、

平常心をもってトレードを続けていくことは難しいと思っています。

相場が良いときでも、上がったところを買ったら下がり、

下がったところを買っては上がりと振り回されて悲観的な考え方に

なることがあります。いわゆる「恐怖心」が芽生えます。

 

これとは対照的なのが、「欲」が芽生えることがよーくあります。

今ここで売っても、明日まだ上がるかもしれない。

個人投資家は、いろんな感情に左右されて正常な判断ができなくなることがあります。

 

自分のメンタルをいかにフラットにたもつかということと、

前述したルール(基準)によってできるだけ機械的にトレードし、

終わったことは終わったことと気持ちを切り替えてトレードを進めていく

ことが必要になってきます。

 

【勝つための要素3】

・己を知り敵をを知れば百戦危うからず

敵を知ることは、これからもずっと勉強しつづけていくことです。

それにみな注力しすぎてしまっていて、

自己分析を忘れていないでしょうか。

 

自分の考えは、何を根拠に、

何を目的におこなっているのかを常に念頭におき、

自分のどの考えが正解なのかを判断できるようになる

必要があります。

これができないと、

ただ「買った、売った」だけで終わってしまいかねません。

とにかく、自分の考え方の癖も自己分析を忘れてはいけないと思います。

株式取引で有利な相場・時間帯について

現在の日経平均は日本の国策の元、買い支えされています。

日銀がETFを買い込んだりしていますから。

ですので長期的なスパンで見ると数年前から数年後まで、

日本株がこのままずるずる下落していくことは私は考えていません。

(それでもなにがおこるか判らないことはあるとおもいますが)

 

大きな事件がなければ、

日経平均は年内25500円、2020年には30000~35000円

という予想がでている。

 

これが事実だとすれば、

メジャーどころに投資しておけば、プロでなくても右肩上がり、

という構図になります。

先日も申し上げましたが2~3年で300万を500万にするくらいなら、

投資信託でもできてしまうかもしれませんね。

 

投信も怖ければ、ロボアド投信の ウェルスナビ やテオ(THEO)に

放り込んでおくだけでも全然稼ぎになると思います。

話がすこしそれましたが、ここ数年は稼げるはずの時代だと私は思っています。

そして、ここから少し現実的な話をします。

一日の中で皆さんは何時から何時に取引をされますでしょうか?

寄り付きと引けでしょうか?

株式投資においては、有利な時間帯が存在するようです。

これも調べてみました。

今日は、勤務先が休暇だったのでHYPER SBIで株式の値動きをみていた

のですがたしかにそのとおりでした。

まず、

寄り付きについてですが9:30ごろまでは、

寄り前までに集まった材料・その他周りの環境の変化を織り込むため

の時間帯であるようです。

私も、前日の材料が出た株を寄り成り買いしたところ、

高値つかみとなってしまい含み損を抱えたことがよくあります。

もちろん、朝イチ買ってそのままストップ高までいってしまう株も

ありますが、確率的に朝イチ30分は様子を見るほうがよいように思います。

 

そして、10時頃くらいまでには仕入れてしまい、

デイトレであれば昼下がりには売ってしまうのが良いようです。

と、いうのも専業のデイトレーダーは朝活動します。

午後はやっても少しだけで、14:00以降はほとんどみていない

のではないかと思います。

 

あったとしても利益確定売りがあるくらいで、

ここで買うことはないのではないかと個人的に思います。

ここのところの値動きを見ていても、

午後の値動きは少なく値上がりするパターンより値下がりする

パターンのほうが多く見受けられるような気がします。

さいごに

今日は、株でもうけを出している人に共通することをまとめてみました。

明日以降、値動き怪しいですがうまいことやっていきたいと思います。

※下のほうに、戦績を掲載することに致しました。

もしよろしければご確認ください。

 

やはり「和心」での失敗は非常に高額だったため、

メンタル的にも・懐具合にも非常にこたえてました。

このようなことが無い様に先日決めたロスカット基準は

順守していきたいと思います。

ロスカット基準はこちら

株の売買ルールを再検証、ルールを全面改訂して厳しい相場を乗り切る

完全じゃなくても。(やってみようとおもったけど100%順守はムリです、値動きおおきいので・・・)

(ただ、今株価が荒れているので基準の適用が非常にむずかしいです)

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください