eMAXIS Slim S&P500購入と既存投信をロスカットした

積立投資は働きだしたらすぐ始めるべき20年後の資産に大きな差がでる

本日は2018/5B(5月初旬)から始めた、NISAの制度を利用して購入している投資信託に関するお話をしてみたいとおもいます。

運用を開始してから2カ月ですが、米朝首脳会議や米中貿易戦争問題など、いろんな国際的な問題があって、日経平均が21500円くらいまで下げてきました。

直近の成績はこちら>>>
eMAXIS Slim(S&P500)購入準備!投資信託の1カ月半の運用データを公開

入金して、実際に運用が始まったのが5月初旬です。

今まで、増えない増えないと言ってましたが、増えなくて当たり前の相場でした。そこで、思い切って考え方を変えることをしました。

まず、成績不良投資信託をロスカットしました

じつは、なんの下調べもせずにこの投資信託の世界に飛び込んだものですから、序盤はなんてことなかったんですけど、結構痛い目にあったんですよ。

まず、一番最初の状況を確認頂いたうえでこの記事を読み進めていってもらうと、どんなことがおこったかがよくわかると思います。

関連記事>>>
NISAでSBI証券の人気投信をとりあえず乱れ打ち購入してみた

はじめは、こんな感じで調子よかったんですよね・・・。それが、どういうわけかですね。

ロスカットしちゃったんですけど、それはそれはひどい結果になってしまいまして・・・。

特にアクティブファンドがひどいことになりましたよね。

じわじわ、どころか結構なスピードで下がっていくものですか・・・。

世界の金融市場の動向を調べるようにしていれば、もう少し早く対処できたと思うのですが。こちらも、株でなかなかロスカットできないのと一緒で塩漬けになっていました。

このたびすこし吹っ切れまして、エイヤ!と一旦切ることにしました。

当初の保有銘柄ですが、SBI証券のスクリーニングで人気!と出てくるものを適当に選んで買いました。

それがのポートフォリオがこちらです。何のポリシーもない感じでしょ?w

それでも、半月ほどででた成績がこちら。

  • 当初保有銘柄

で、ここのところの世界経済の変動の結果、遅いのは遅いけどロスカットした結果がこちらです。ひどいですよねー。

  • ロスカット銘柄

現在の投資信託保有銘柄

そして、現在の保有銘柄がこちらです。今まで、なんのポリシーもなく買ったまま放置していました。

今回は自分なりのポリシーを持って購入しています。

 

  • 保有銘柄

じゃあ、そのポリシーってなぁに?

じゃあ、そのポリシーってなんやねん?ってお話ですよね?

まず、一番おおきな話としては

アクティブファンドはインデックスファンドに勝てない。という話。

なのでまず、アクティブファンドを整理することにしました。

ロスカットの理由その①

書籍でもネットでも、大多数のアクティブファンドはインデックスファンドに勝てていないというデータがあるんです。

わたしは、勝てる確率の高い方と低い方どちらを選ぶか?と言われたら、高いほうを選びます。

なので、よくわかってないアクティブファンドをまず切り捨てました。アクティブファンドとして残したのはひふみプラスのみです。

アクティブファンドの信託報酬って、インデックスのそれと比較して相当違うんですよね。ひふみプラスは良心的で、およそ1%です。

それに対して外国インデックスになりますけど、楽天・全米株式インデックスファンド(VTI)で0.1696%です。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックスで0.11826%です。

最近(18/7/3)に販売が開始された、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)で0.1728%なんですよね。

投資信託って10年、20年運用することも想定すると考えたら、信託報酬料の差分の複利だけで考えてもかなりの額になる。

アクティブにこだわる理由って全くないと思うんですよね。スポットで1~2年攻めるのに使うのであればよいとは思いますけど。

ロスカットの理由その②

二つ目です。日本株アメリカ株と比較して弱い。これは事実です。

日本は、バブル期の最高値を未だに更新できていません。

  • 日経平均推移

※出典:Wikipedia

厳しいですけど数字で見る限りは成長していません。

アメリカは、リーマンショックでボコボコになりましたけど、そこから回復してNYダウ最高値を更新し続けています。

  • NYダウ平均推移

出典:google

こうやってみるとリーマンショックなんてしれてるじゃん。って感じですよ。

それよりも、アメリカに昔から投資している人は本当に資産家になているんでしょうね。

日本株が、まだ全うな数値をたたき出すとすれば「東京2020」までかな?と、思っています。

それ以降は、世界情勢も正直いってわかりません。新興国がもっと台頭してくるかもわかりません。

ただ、まず間違いないと思われるのは、当面の間米国がNo.1であるのは、どう考えても揺るがないと思っています。

ロスカットのまとめと今後の方針

ロスカットのまとめと、今後の方針ですが、

  1. 原則アクティブファンドは中止。日本株のポジションとして、ひふみプラスのみ残す。
  2. 現段階で、強くあり続けるのが見えているのはアメリカ。なので、当面はアメリカのインデックスファンドに注力。
  3. まずは、バフェット氏が推すS&P500に資金を投下予定。そのうち状況が変わってきたら、バランスファンドのポジションも増やすよう検討する。(ここの部分はロボアドで対応してはいる)

何カ月か、世界情勢が不安定な状態が続くのではないかと、個人的には思うので、今は積極的に投資すべきタイミングではないと思う。

資金の投入もドルコスト平均法を意識しながら、ちょびちょびといれていきたいと思います。

今後の投資方針は?

現在は、余力資金で株式投資で遊んでいますが、投信のほうが楽なので、もう少し、世界情勢が落ち着けばNISAの枠内で投信に資金を投入していこうと思います。

※下のほうに、戦績を掲載することに致しました。

もしよろしければご確認ください。

yuka
yuka
今まで、なんの根拠もなく投資するとは、ムチャクチャダヨ!!
tony0721
tony0721
まぁまぁ、やってみないと判らない部分って多いんだよ。
やってみて、頭ぶつけて初めて分かることっておおいから。。。
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
ABOUT ME
tony
30代中盤サラリーマン、勉強しながら積立投資(インデックス投資)と成長株投資をやってます。2018/6スタート!まだまだ銘柄の目利きには慣れていませんが、よろしくお願いします。プロフィールページへ