ロボアド投信

ウェルスナビは賢い?AIなので学習しているのか確認してみる

本日は2018/4E(4月末)から始めたロボアド投資信託のうち、ウェルスナビに関する考察をしてみたいとおもいます。

運用を開始してから2カ月半ですが、米朝首脳会議や米中貿易戦争問題など、いろんな国際的な問題があって、日経平均が21500円くらいまで下げてきました。

入金したのが4月末で、実際に運用が始まったのが5月初旬だったかと思います。

今まで、増えない増えないと言ってましたが、増えなくて当たり前の相場でした。

まず、そこから見てみたいと思います。

ウェルスナビ18/5月~6月末でなぜふえなかったか?

日経平均日経平均のチャートを見てみましょう。3カ月の日足チャート(SBI証券から引用)で確認します。

ちょうどウェルスナビが、資産運用を始めたのが下表の矢印で示されたあたりになるとおもいます。

この位置ですが、だいたい日経平均で22500円あたりですね。

そして18/7/6日現在の日経平均株価はといいますと、21788円といったポジションになります。

純粋に考えて日本株のファンド分は下がると考えてよいでしょう。NYダウ平均続いてNYダウ平均をみてみましょう。

こちらも同じく3カ月の日足チャート(SBI証券から引用)で確認します。

この位置ですが、だいたい24100ドルあたりですかね?

そして18/7/6日現在のNYダウ平均株価はといいますと、24456ドルとなります。純粋に考えて米株のファンド分は上がると考えてよいでしょう。

円/ドル(為替)最後にドル円の関係をみてみましょう。こちらも同じく3カ月の日足チャート(SBI証券から引用)で確認します。

この位置ですが、だいたい109円/1ドルあたりですかね?そして18/7/7日現在の円/ドルはといいますと、110.45と円安になっています。

したがって、アメリカ株の評価額が為替差益分、少しあがるとみていいのかなとおもいます。

もちろん、ウェルスナビは株以外にも債権やGOLDなどの現物資産にも投資しますので、それらのバランスもどうなっているか見てみたいですね。債権は、利上げ・利下げありますが無茶苦茶高い収益率はないはずです。

ですので、REITの仕組みやGOLDの相場について軽く理解しておく必要がある。と、思っています。

REITやGOLDの値動きについては、今はよくわかっていません、今後勉強していきたいと思います。

ウェルスナビ18/7/6ポートフォリオ

さてさてそれでは、ご開帳でございます。

ジャン!!

ほほー!そうなりますかという感じですね。

VTI米国onlyのインデックスファンドウェルスナビは「VTI」を買っているんですねー。

VTIとは・・・、正式名称を「バンガード・トータル・ストックマーケットETF」と言います。

簡単に言えば、アメリカ株全体をカバーするバンガード社が運用する手数料が格段に安い投資信託と思ってもらえればよいと思います。

ちなみに、楽天・全米株式インデックスファンドというのはこれを買っているという解釈でOKです。

最近、私は三菱UFJ国際投信のeMAXIS Slim (S&P500)をお勧めしていますが、こちらはアメリカ株のなかでも大手株500社を運用するインデックスファンドになります。

VTIにたいしてVOOと呼ばれます。

そうですかー、ウェルスナビは「VEA」買っているんですねー。VEAもバンガード社のインデックスファンドです。

バンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETFと呼ばれています。この中には日本株が含まれています。

日本の株式はそれなりの比率で組み込まれているでしょうから、これは下がって当然ですね。

VWOはバンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETFの略で、新興国の株を対象としたバンガード社のインデクスファンドです。

中国、台湾、インド、ブラジル、南アフリカ、ロシア、タイ、メキシコ、マレーシア、インドネシアの10か国を対象にしています。

こいつらも今調子が悪いんですねー。

調べてみたところシャープの親会社となった、「鴻海精密工業」もファンドに含まれているようですね。

債権・GOLD・不動産この3つはほぼ、現物資産とみましょうか。債権・GOLD・不動産は、攻めの投資対象ではなくて守りの投資対象とおもうので今回割愛しますね。

ロボアド投信の最新情報はこちら

いままでポートフォリオを確認してなかったけど

いままで、ウェルスナビの投資対象をよく確認していなかったけど、仕組みとしては、個別の株を買うわけでもなく、アクティブファンドを組み込むわけでもない。

バンガード社の米国・日欧・新興国のインデックスファンドの比率を、うまいこと操作して利益を伸ばすというロジックになっています。

内容として、

単なるインデックスファンドであるならば1%の信託報酬はお高い

と思います。

楽天VTIだったら、信託報酬0.1696%ですし・・・。今はですけど、日本も新興国もだめなので。

どれだけAIがうまいことリバランスをしてくれるかというところ

に、ウェルスナビの価値があると思うのですがどうでしょうか。

直近の日本株の下げに対しては上手いこと対処しているのかな?というイメージは持っています。

私が個別で持っていた日本株・新興国ファンドは、ことごとく含み損を抱える結果となってしまいましたからね。

新興株はマイナス20%とか普通にいきましたし、日本株のアクティブファンド、レオスのひふみプラスも「どうした?」って感じの値動きになっています。

「現状は」米国一強のイメージ強い

私のイメージとしては、現状は米国インデックスファンド一択でよい、と思いますし、何より日本株が弱いと思っていますので直近で、ものすごく伸びる投資信託であるとは考えていません。

ただし、数年もすれば日本は伸びる気はしませんけど米国や新興国が、勢いをつけてくる可能性は高いと思っています。

そうなったときに、扱いのややこしそうな新興株などの保有率を自動的に、リバランスしてくれるというのはありがたいとおもいますし、AI自体がどんどん賢くなって、攻めと逃げのタイミングが絶妙な具合に進化してくれないかなと考えています。

※下のほうに、戦績を掲載することに致しました。もしよろしければご確認ください。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください