NISA投信

eMAXIS S&P500買う?NISAで買った投資信託の1カ月の運用データを公開

2018/5B(5月初旬)から始めたNISAを活用した投資信託の2018/6M現在の運用状況を公開させて頂きます。今回はタイムリーに公開できましたね!(^^)!

tony0721
tony0721
こんばんは。tony0721(@tony0721_)です。
いつもご覧いただきありがとうございます。

こちらで紹介する投資信託はSBI証券で個別に販売されている投資信託をNISA枠で購入したものです。別枠で、ウェルスナビとTheo(テオ)のロボアド投信があります。

また、最近始めたのが楽天スーパーポイントで購入する投信が出てきました。こちらは、非常に少額ですが整理でき次第公開したいと思います。

株式市場概況

5月初旬から1月あまりで約3%と、順調に含み益が増えていた私のロボアド投信ですが、イタリア国債の利回り問題のおかげで、

5/28~5/30までの3日間世界的に株価続落となりその影響を受ける結果となりました。

日経平均もおよそ23000円から22000円程度まで一気に下落する格好となりました。

5/30後場から下げ止まり、5/31には買い戻しが入り6/14には一時23000をタッチするなど復調基調にあります。

しかし、米中関係の問題などで上値は重い展開になるだろうとの市場は判断しているようです。

保有銘柄

「とりあえずやってみる」と、人柱にでもなる気?って感じで軽くネットで調べた程度でエイヤ!で購入した銘柄たちです。なんか、今考えるとものすごく無謀なことしたなと思います・・。

保有銘柄は以下のとおり。結構方針がない、ファンドの構成となっております。

  1. 楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)
  2. 楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)
  3. MHAM新興成長株オープン
  4. キャピタル-ベトナム成長株インカムファンド
  5. レオスーひふみプラス
  6. 楽天日本株4.3倍ブル

(大切なお金なのでしっかり勉強した上で使わないとダメですね(^^;)

最近勉強したこと

最近勉強したのは、ここ数十年の結果でみるとインデックスタイプの方が勝率が良いとのこと。

インデックスタイプは信託報酬が安く長い目でみるとこれの差がしっかり効いてくるようですね。

特に、最近のインデックスタイプは信託報酬が非常に抑えられている商品があるとのことです。

インデックス投信の人気どころは楽天VT、楽天VTI、それから三菱UFJ国際投信が販売している 「eMAXIS Slimシリーズ」だそうです。(ソースはこちら⇒日経WEB

そして「eMAXIS Slimシリーズ」の最新作「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」という商品が18/7/3より販売開始されるとのこと。

この情報は投信関係全般のブログ運営をなさっている、ぼーやんぐさんから教えていただきました。

インデックスのアメリカ投信一択であればこれで間違いないのではないか?と。

S&Pって何?

S&P500とは何か?って私もしりませんでした。ダウ平均は聞いた事があると思いますが、S&P500はダウ平均と並ぶアメリカを代表する指数とのことです。

  1. ダウ平均は大手30社の平均値
  2. S&P500は大・中500社の平均値

と考えて良いようです。

NASA投信実績

2018/6M(6中)運用実績です。

上記のとおりの結果となりました。

しばらく結構いい感じで資産が増えていたのですが一瞬で吹き飛んでしまったのと、やはり新興国は今まだだめなんかな?って感じです。

2018/5E(5末)実績はこちら

あわせて読みたい
NISAでとりあえず買った投資信託の半月の運用データを公開してみた2018/5B(5月初旬)から始めたNISAを活用した投資信託の運用状況を公開させて頂きます。(公開、後悔?が一週間遅れてしまいすみませ...

こういうことも本来であれば買う前に検討しなければいけないのですが、今の投信って買付・売却手数料が無料の投信が多いので助かります。

私の保有銘柄で買付手数料が発生しているものもちろんあるんですが、トータル1000円くらいじゃないかと思うので良い勉強代になったと思います。

やはり実戦には机上の勉強では判らないことが良くあります。

色々情報収集しようとしますし、その分勉強になることがたくさんあって良いですね。

ま、あまり一喜一憂せず、積立投信として活用していきたいと思います。

NISA投信総投資額:200000円

最後に

最後に、今後の方針と、関連記事を記載します。

今後の方針

本記事を投稿させていただいた18/6/17現在は、日経平均22000~23000円のレンジでの相場となりそうです。

長期的なシナリオでは、順調にいけば2020年までに30000円突破の可能性もないことはないとみています。

それ以降は、国内株式市場については新興国の台頭もあるでしょうし、正直読めない相場と考えていますのでここ2年しっかり勝負して稼いでいきたいと思います。

相場が少し落ち着いたところで、本命のインデックスを決めること。

日本株のアクティブファンドで1~2年の短期で攻めれる銘柄を決めること。これをやって一旦リバランスしようかなと思っています。

本日も、最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m

戦績(トレード結果)

戦績(トレード結果)を掲載することにしました。株式投資と投資信託のみの成績です。 ロボアド投信(ウェルスナビとTHEO(テオ))の成績は除外した成績となっています。 トレード成績は無料スマホアプリの【マイトレード】を活用しています。
2018年(株+投信)1750000(初期投資)
2018/7/末1855087
2018/8/15現在1240476
前日比-354134
前週末比-431481
前月末比-614611
Total(損益)-509524
利回り(年利)-35.12%