NISA投資信託@SBI証券-2018/5E結果報告-

2018年6月19日

2018/5B(5月初旬)から始めたNISAを活用した投資信託の運用状況を公開させて頂きます。(公開、後悔?が一週間遅れてしまいすみません。)

こんばんは。tony0721(@tony0721_)です。いつもご覧いただきありがとうございます。

こちらの投信はSBI証券で個別に販売されている投資信託をNISA枠で購入したものです。

 

株式市場概況

ロボアド投信(Wealthnavi,Theo)とおなじく順調に含み益が増えていたのですが、イタリア国債の利回り問題のおかげで、5/28~5/30までの3日間世界的に株価続落となりその影響を受ける結果となりました。

日経平均はおよそ23000円から22000円程度まで一気に下落する格好となりました。

5/30後場から下げ止まり、5/31には買い戻しが入り5/31終値で22221円で取引を終えました。

日経平均の推移ですが、リーマンショック後の最安で7000円台まで下落し2013年ごろから、ずっと上昇相場できました。

(もちろんそれなりの山谷はあるのですが、長いスパンでみるとしっかりとした右肩あがりとなっています)

そして2018年1月20付近で24000円を手前に21000円台に下落。2018年3月頃まで調整が続いたあと、先日23000円台回復を果たしたところでした。

 

保有銘柄

私も良く調べずにこの世界に参入したもので、今回良い勉強になりましたが、

やはりこういう大きな値動き(個人投資家の方からしたら大したことない値動きかもしれません)があると、運用益があったとしても一瞬で消し飛んでしまうパターンがあるのだなということを改めて実感しました。

また、投資信託に関しては長期で継続運用してなんぼというのが良く判りました。

現在、私は、

  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド
  • MHAM新興成長株オープン
  • キャピタル-ベトナム成長株インカムファンド
  • レオスーひふみプラス
  • 楽天日本株4.3倍ブル

以上の6銘柄を保有しています。しかも、あまりよく考えずにパパっと見繕って買いました。

(大切なお金なのでしっかり勉強した上で使わないとダメですね(^^;)

最近勉強したのは、ここ数十年の結果でみるとインデックスタイプの方が勝率が良いとのこと。インデックスタイプは信託報酬が安く長い目でみるとこれの差がしっかり効いてくるようですね。

また、ブル・ベアタイプは信用取引が組み込まれており、浮き沈みが激しい商品であること。長期運用で安定を目指すには不向きな商品であることを勉強しました。

これらの反省を踏まえて、今後の追加投資の方針を考えていきたいと思います。まずは、目先の日経平均・為替のトレンドがどうなるかをしっかり調べたうえで資金投入タイミングを決めたいと思います。

ただ、2020年までは日本株もまだ元気であろうというのが、情報収集した結果です。

それでは、2018年5月末現在の資産運用実績を報告させて頂きたいと思います。

 

NISA投信運用実績

上記のとおりの結果となりました。しばらく結構いい感じで資産が増えていたのですが一瞬で吹き飛んでしまいましたー。(だいたい+3%程度の利益が出ていましたが、5末の時点では元本割れしてしまいました。)

これがリーマンショックだったら、とんでもない数値になってたんでしょうね・・・。

一喜一憂せず、積立投信として活用していきたいと思います。

まだ、ロボアド投信は一般的に浸透していないと思いますので参考になればと思い情報を発信していきたいと思います。

最後に

本記事を投稿させていただいた18/6/9現在は、4日連続の日経平均続伸により22694円と回復し、急激な下げトレンドへの転換は限定的な状況となっています。

順調にいけば2020年までに30000円突破の可能性もないことはないとみています。

それ以降は、国内株式市場については新興国の台頭もあるでしょうし正直読めない相場と考えていますのでここ2年しっかり勝負して稼いでいきたいと思います。

NISA投信の関連記事はこちら

資産運用の関連記事はこちら

本日も、最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m