メルカリ

メルカリの出品で評価と信用を得るための方法を記事にしてみた

昨日、メルカリで節約生活してますよー。

と書きましたが、まぐれ売りでなくて継続的に不用品を売っていく場合、そこそこテクニックがいるように感じました。

tony0721
tony0721
こんばんは。tony0721(@tony0721_)です。
いつもご覧いただきありがとうございます。

今日は、メルカリでの出品詳細方法についてご紹介したいと思います。

おさらい・メルカリの特徴とは

最近テレビCMをしているくらいはやっているメルカリ。
とっても調子が良いようですね。昨日もちょこっと記事に書いたのですが、18/6/19に株式上場します。
(その直前で、国税庁から消費税についてインタビュー受けちゃってますけど(笑))

メルカリは立ち上げ当初は手数料0%で運営していたこともあり、ヤフオクの客がかなり流れたそうです。出品も簡単、フリマ方式なので、即購入ができるのでスピーディ。

メルカリ便など配送に関するサービス(匿名配送や送料優遇)が充実していることで、女性や若年層のユーザーをメインに獲得しつづけ、大躍進中。世界進出も宣言するくらい取引高もどんどん増えているとのことです。

今まではヤフオクと双璧と言われていましたが、人気については、もうヤフオクを超えているでしょう。

あわせて読みたい
メルカリで不用品を高く売り必需品を安く入手する実例を紹介してみる今日は最近はまっていること。趣味の域にたっしているかもしれないことについて書きたいと思います。 そのはまっていることとは、...
あわせて読みたい
メルカリで本を出品する際の梱包方法を紹介してみる先日メルカリでの出品方法をざっくり記事にしてみたところ、一気にPVがあがりまして、メルカリについてみなさん非常に興味をお持ちなのが良くわ...

実際に使ってみた感覚

私は、2カ月ほどの期間のうちに、およそ80回ほど取引(売却も購入もどちらも合算で)してみました。

そこで、私の感じるメルカリ出品のメリットを紹介したいと思います。

メルカリ出品のメリット

ヤフオクでは値がつかないような商品でも売れる

ヤフオクではもう着なくなった服などの不要品、ほんとに需要がほぼゼロだと思われるものは1円出品でも買い手がつかないことがあります。

昨日紹介した、30年前の着物なんかもまさか売れるとは思っていませんでした。あれをヤフオクで出品しても多分見向きもされないんでしょうね・・・。

もちろん、ブックオフやハードオフにもちこんでも、引き取りを断られたり5円とか10円とかいう値段になってしまうでしょう。

しかし、これがどういうわけかメルカリの場合は意外とそれなりの値段設定で売れてしまうのです。

ノーブランドの商品でも、ハンドメイド品でも中古でもジャンク壊れていても)でも正直いって売れます。世の中何を欲しがっている人がいるのかって、良く判っていないのですが。

たぶん、家電のジャンクとかだと部品取りをしたり、そのもの自体を修理して直してアンティーク品として高値で再出品される方がいるのかもしれません。

ほぼ何でも売れる

法律を犯さない範囲のもの、メルカリガイドラインに反さないものであれば基本的に何でも売れます。ただし、メルカリのガイドラインは良く確認をしていただければと思います。

メルカリはできたばかりの会社ですから、サービスも業態も変化していくものと思われますが、メルカリのガイドラインも適宜変化していくものと思われます。

メルカリで売られているものは実に多種多様というか、ほんまにこんなものが売れるのか?というものもありますが、価格設定さえ間違いなければ売れています。

これは、検索条件を売却済として検索すると、売れた履歴を閲覧することができるから判るのですが。

マニアでもない限りただのゴミとしか思えないようなものでも売れた実績が残ったりしています。

昨日の記事に書かせて頂いた、2年間フルに使用した4年落ちの0円スマホも3000円くらいで売れましたし、20年前に買ったGショックのジャンク品が3000円で売れました。

2年前に購入した格安スマホも9000円で売ました。これらの売上金で最新版の格安スマホ(20000円くらい)を買ったり」しましたが、実質10000円弱で買い替えができることになりました。

いままでであれば、完全に粗大ごみになっていたものが、お金に変わります。

そういえば、今の私の唯一の移動手段である原付の修理に使った、ネジの余りを売った記憶もあります・・・。20本セットで買って5本余ったネジ。

普通なら工具箱にしまっておくか処分するかなのですが、こんなものも売れてしまうんですね。

出品に手間がかからない

使い勝手ですが、なんせ取引の流れがシンプルです。ヤフオクよりあきらかに簡単です。

基本的には「出品→購入通知を受け取る→発送→評価」の4ステップだけです。スマホだけで、全ての手続きができます。これが非常にうけている理由なんだと思います。

オークション形式ではなく、即決価格なので売値がぶれない

これは一長一短ではありますが、即決価格で放置しているとある日突然売れた。なんてことがありました。

なかなか買い手がつかないような商品を売る場合、ヤフオクよりメルカリほうが向いていると思います。ただ、ヤフオクよりも多いのは値下げ交渉が入ることです。

どうしても売りたいときは応じていいと思いますが、放置しておけばうれるようなものであれば丁重にお断りして問題ないと思います。

ということで、ヤフオクのオークションのようにいくらになるかわからない出品と違って、自分で値段を決めて売ることができるんですね。

今は、ヤフオクにもフリマモードなるものが存在しているのですが、完全にメルカリのほうが閲覧者が多いので、即決価格で売りたい場合はヤフオクでなくメルカリが選択肢になるでしょう。

相場から外れた値段の商品も売れることがある・買えることかある

メルカリは原則、スマホアプリのみでの展開となっています。
ユーザーは全てスマホユーザー。このため業者が参入しづらい環境になっているんだと私は思っています。

ヤフオクやAmazonなどでは、PCによる大量出品ができるツールが存在しますが、メルカリにはこのような仕組みがありません。

これは、メルカリの理念に反するためメルカリ自らが業者を排除しようとていると聞いています。このため、商品知識の少ない(目利きでない)一般人の利用が多いため相場より高い値段であっても購入されることがあります。

逆に、商品知識の少ない(目利きでない)一般人が出品することもあるため思わぬ安値で良い物を購入できることもあります。

検索機能もあるので私は、「ジムフレックス」、「シャツ」、1500円以下」のような感じで検索にかけておき、HITしたときだけアプリを起動し品定めしたりしています。

非常に使いやすいですよ。

やっぱ敷居が低い原因はこれでしょ。月額利用料金が無料

これが一番おおきな違いかな、と思っていますがヤフオクではヤフープレミアム会員に登録する必要があります。これには月額498円必要ですが、メルカリは無料です。

何も出品しない、何も売れないのに月額498円払うというのは、ライトユーザーにとっては非常に大きなハードルなんだと私は思います。

これだけはしっておいてほしい注意点

ただ、これは当然の注意事項として書きますが、現金の出品とかチケットのダフ行為についてはテレビを見ていても、よく逮捕が出ているようなので出品を控えて頂きたいと思います。

また、著作権に抵触するものも常識的に出品を控えるようにした
いですね。

アプリなので、ついつい意識がゲーム感覚になってしまいがちですが、ゲームではなく「金銭の授受が発生する取引」であることに間違いありませんので十分注意してください。

tony流メルカリテクニック

私のメルカリにおけるテクニックですが、少し考えましたよ。
私自身がメルカリで商品を買おうとしたときどう考えるかと置きかえて考えてみたんです。

やはりヤフオクでもAmazonでも楽天でもそうなのですが、「評価」が良い出品者からしか商品を買おうとは思いません。

メルカリは3段階評価で「良い」、「普通」、「悪い」しかありません。

これで「悪い」が数件ついてしまうとそのアカウントはもうダメなんじゃないかなと思っています。たぶんですけど、いくら一生懸命説明文書いたって、きれいに写真撮ったって思った価格では売れなくなるのではないかと想像します。

世の中、どんな商売もそうなんですけど、「信用」なんだと思います。

信用を得るためにどうするの?

では信用を得るためにはどうするの?って話になってくると思います。信用を得るためにはいくつかの要素がありますが、二つの大きな印象を与えるものをしっかりおさえる必要があると思っています。

単刀直入にその一番重要な要素をお伝えします。ズバリ書きましょう。

一つ目は、

商品の状態をありのまま記載すること。(嘘、ごまかしはNG)

二つ目は、

「包装」と「梱包」を丁寧におこなうこと。

この、二つのポイントを確実におさえていく必要があると
私は思っています。

一つ目のポイントは、ほかの出品者の商品詳細情報を参考にしてみてください。参考にならないものもありますが、

高評価をたくさん得ているアカウントの商品詳細情報の書き方は参考になることがあります。

そして、出品する商品に問題がある場合は確実に記載するようにしてください。ここで、手落ちがあると評価だけでなくクレームにつながる可能性もありますので要注意です。

二つ目のポイントについてです。普段、みなさんもAmazonから商品を購入されることがあろうかと思います。

Amazonの梱包は完璧ですよね?

正直言いますと、あれに順ずる包装・梱包を目指してほしいと思うのです。

人は皆、第一印象でイメージが決まります。本当に、それだけで全然印象が違います。

今日の記事では二つ目のポイントを重点的に説明していこうと思います。

具体的な包装方法は?

それでは、私の実践している具体的な包装方法を紹介したいと思います。まず、包装・梱包資材を準備する必要があります。

段ボール

これは、Amazonや楽天などのEC通販で買った場合の物を再利用すればよいので普段から保管するようにしましょう。

近所のスーパーやドラッグストアで無料でもらうこともできます。

封筒・クッション封筒

クッション封筒については、Amazonや楽天(写真はモノタロウですが)などのEC通販で買った場合の物を普段から保管するようにしましょう。

ダイソーなどの100均で買うこともできますが、いい値段しますので取り置きしておいて、ここぞというときに使いましょう。

エアバック(プチプチとよばれるやつです)

これは、服や本以外を送るときに、必須なアイテムになります。私はMonotaRoで買ったりします。

OPP袋

これも、本や小物を包むのに必須アイテムになります。

ポリ袋で包むのと見栄えが全然違います。別名クリスタルパックといいます。

OPPテープ

梱包の際はガムテープではなくOPPテープを使用します。

セロテープみたいですが、素材が違いまして粘着力がしっかりしています。

現在、はガムテープよりもこのOPPテープが梱包に使用する主力テープとなっています。なんでこのテープなのかというと、「コスト」と「見栄えが良い」からですね。

ラベルシール(タックシール:A6サイズ)

これは、宛名などをラベルに印刷して箱や封筒に貼り付けます。

これもメルカリで100枚500円程度で売っています。楽天やAmazonでかうと1000円オーバーします。字が綺麗だと手書きも悪くはないと思うのですが、住所や宛名の書き間違いが一番怖いです。

ですので、発送ラベルの印字作業はPC上でメルカリサイトを開いて住所、宛名をコピペしてラベルをつくります。

余談ですが、小物の発送は日本郵便の「クリックポスト」というサービスが追跡番号もついており便利です。料金も164円と格安です。

この「クリックポスト」専用のラベルのサイズがA6という用紙のサイズになるんですね。これをさらに半分にすると、普通郵便のラベルとしても使用できますよ。

サンキューシール

「Thank you!」、「ありがとうございました。」、「またお願いします」と書かれたシールです。これらはメルカリで検索すれば300円で売っています。

これを包装の上にぺたっと貼っておけば、商品が届いて梱包をほどいたときに少しうれしくなってもらえます。

スタンプ

こちらも、準備しておけば急な注文が入ってもルーチンワークでばたばたせずにすみます。
また、なんかプロっぽくて、取引相手からすれば店から商品がきたと錯覚をおこすかもしれません。

ちなみに、左側のゴム印は「配達員様へお願い~大切なお客様へのお届けもの~」と書いてあります。

これも、取引相手のハートをつかむワンポイントテクニックかと思います。これらのものを準備します。

あとは、必要に応じて新聞紙などの緩衝材を使用したりしながら丁寧に包装・梱包していきます。

梱包方法を説明すると書きましたが、これだけの梱包資材をそろえれば、丁寧に作業するだけで本格的な包装・梱包に自然になります。

私のブログでは説明は不要かともおもいだしたので今日のところは割愛したいと思います。その他基本的なことは、この書籍に載っています。

実際に、メルカリで商品を買ってみるということも自らの経験値を上げることにつながると私は思います。

まず、これほしいなと思ったものを買ってみるのも良いと思います。

本日は非常に長文となってしまいました。最後までお読みいただきありがとうございました。

戦績(トレード結果)

戦績(トレード結果)を掲載することにしました。株式投資と投資信託のみの成績です。 ロボアド投信(ウェルスナビとTHEO(テオ))の成績は除外した成績となっています。 トレード成績は無料スマホアプリの【マイトレード】を活用しています。
2018年(株+投信)1750000(初期投資)
2018/7/末1855087
2018/8/15現在1240476
前日比-354134
前週末比-431481
前月末比-614611
Total(損益)-509524
利回り(年利)-35.12%