生活術

楽天市場でふるさと納税すると楽天スーパーポイントももらえるよ

昨日ふと、お得なことに気づいてしまいました。

tony0721
tony0721
こんばんは。tony0721(@tony0721_)です。
いつもご覧いただきありがとうございます。

結論からお話します。楽天市場でふるさと納税することで、ものすごくお得なことに気が付きました。

楽天市場でふるさと納税をするとおトク

まず、ふるさと納税について簡単に説明をしますね。

ふるさと納税とはどんな制度?

ふるさと納税とは、ふるさとや自分のふるさとでなくても応援したい自治体に寄附ができる制度のことです。手続きをすると、所得税や住民税の還付・控除が受けられます。

多くの自治体では地域の名産品などの「お礼の品」を用意しており、これを頂くことができます。

自治体のメリット

  1. 寄付金を納付してもらえる。
  2. 自治体にとっては「お礼の品」を通じて、地域の名産品や産業を全国の人に知ってもらえる貴重な機会になっている。

地場特産品を「お礼の品」とすることで、低迷する地域経済の活性につながる

納税者のメリット

1.税金が控除(還付)されます。

ふるさと納税は控除上限額内で寄附を行うことで、

寄附合計金額から2,000円を引いた額を所得税と住民税から控除(還付)を受けることができる制度です。

言い換えると2000円は負担が必要だけど、控除上限額内で寄付している限りは「お礼の品」をもらいつつ、翌年の所得税と住民税を先に収めることができる。

但し、控除上限額は年収や家族構成により異なり、納税しすぎてしまう可能性もありますので注意してください。

2.「お礼の品」がもらえる。

これですこれ!みなさんこれ目当て!だいたい納税した額の30%~50%程度のお礼の品を受け取ることができますよ!

楽天市場でふるさと納税するメリットとは?

ふるさと納税については前述したとおりです。

また、ふるさと納税自体、その制度が始まってからしばらく経っており皆さんご存知のことと思います。

(2016年の適用者129万5千人、2017年の適用者225万3千人となっていて皆さん活用されています)私も、2009年から知っていました。

私は今まで「ふるさとチョイス」というふるさと納税のポータルサイトからふるさと納税をしていました。

今でも、このサイトがふるさと納税のNo.1サイトであることは間違いないと思います。

これは憶測ですが、取扱いの「お礼の品」のバラエティも、もしかしたら豊富かもしれません。

他にも「さとふる」というサイトもありますので、一度覗いてみられると良いかと思います。

これらのサイトでは、自分の年収や家族構成などから、年に幾らまでふるさと納税するのが得なのか算出することができます。

リンクふるさとチョイスのシュミレータのリンクです。

前置きが長くなりましたが、楽天市場で納税するメリット
を紹介します。

楽天市場でふるさと納税すると楽天スーパーポイントが付与される

まず第一に、楽天市場でふるさと納税すると、楽天スーパーポイントが付与されること。これが一番大きいです。

私の場合、楽天のサービスを結構利用しているのでポイントが通常の6倍の楽天スーパーポイントをGETすることができます。

通常会員だけですと楽天スーパーポイントは1%の還元となります。ですが、私の場合だと・・・、

通常会員でポイント1倍、楽天カード利用でポイント2倍、楽天モバイル利用でポイント2倍、スマホアプリの利用でポイント1倍、と合計6%の還元が受けられる仕組みになっています。

(リライト時の18/6/30現在、私は楽天ゴールドカードに移行しましたので、ポイントが通常の8倍、つまり8%還元となっています。)

これは楽天スーパーポイントアッププログラム(楽天SPU)といって、楽天のサービスを利用すればするほどポイントがたまりやすくなる仕組みで、最大13%還元される仕組みになっています。

そのうち現実的なのが私の場合のポイント6倍(6%還元)もしくは、楽天カードを楽天ゴールドカード(年会費2160円)へ変更することでポイント8倍(8%還元)までかなと思っています。

年間10万円ふるさと納税をした場合。楽天カードなら6000ポイント、楽天ゴールドカードなら8000ポイントの楽天スーパーポイントをGETすることができます。

これが私の頭のなかでピンときました。

年間10万円ふるさと納税するのであれば、楽天ゴールドカードの年会費2160円分が、ここで捻出できるではないか、と。

つまり、ふるさと納税をしっかり活用していく方針であれば、普段の楽天市場での買物においても楽天ゴールドカードの方が還元率が2%上がります。

そう考えた時、楽天カードではなく楽天ゴールドカードを所持すべきであるという答えに至りました。

この状態で、楽天スーパーSALE、お買い物マラソンに参戦するとポイントがザックザク状態になれること間違いなし?ではないかと思います。

楽天市場でのふるさと納税の手続きは簡単です

ふるさと納税の手続きは簡単です!

楽天へ登録している住所情報が、住民票に記載されている情報となっていれば、普通に楽天で買い物する感覚でふるさと納税ができます。

本当に簡単です。ただ、確定申告については勉強頂いてワンストップ制度を利用するか、確定申告するかは、しっかり考えてください。

リンク楽天ふるさと納税へ飛びます。

確定申告について(注意必要)

私は毎年、ワンストップ制度を利用せず、パソコンからインターネットを利用しe-taxで確定申告する派です。

なぜなら、ワンストップ制度を利用した上で医療費控除などに代表される確定申告した場合、ワンストップ制度は使えなくなってしまうからです。

つまり、「お礼の品」ほしさにふるさと納税していたが、確定申告したために割高になってしまった。という事態になる可能性があります。

この点だけ、ご注意ください。

最後に

自宅からe-taxで確定申告ができる時代ですので、私は毎年確定申告をする安全策をとるのが良策ではないかと思っています。

以上、ぱっとひらめいたお得情報でした。

最後までお読み頂きありがとうございましたm(_ _)m

戦績(トレード結果)

戦績(トレード結果)を掲載することにしました。株式投資と投資信託のみの成績です。 ロボアド投信(ウェルスナビとTHEO(テオ))の成績は除外した成績となっています。 トレード成績は無料スマホアプリの【マイトレード】を活用しています。
2018年(株+投信)1750000(初期投資)
2018/7/末1855087
2018/8/15現在1240476
前日比-354134
前週末比-431481
前月末比-614611
Total(損益)-509524
利回り(年利)-35.12%