ロボアド投信

ウェルスナビとテオ(THEO)による資産運用実績報告@2018

この低金利時代に資産をすべて預金で持っていても、仕方がないなと思うようになり、資信託で積み立てることにしました。

tony0721
tony0721
いや、「仕方がない」というよりは、今後10年~20年先のことを考えると、日本経済は落ち込んでしまっているのではないかと思うようになったのです。

なので、「円」以外の「資産」に形を変えて所持しておく必要があるのではないか、と考えるようになりました。

特に、投資信託の知識もないので、まず初めてみたのがロボアドバイザー投資信託です。

私は、ウェルスナビ(Wealthnavi)とテオ(THEO)というロボアドバイザー投資信託を利用しています。

この、ウェルスナビ(Wealthnavi)とテオ(THEO)の運用実績を公開します。

ウェルスナビとテオでほったらかし投資信託?

日本の労働生産性は非常に低いです。

そして、目先2~3年の経済ははなんとかわかるような気がするけど、そこから先の話なんて判らない。いやほんとに判らないんです。

安倍晋三
安倍晋三
アベノミクス!
tony0721
tony0721
アベノミクスと首相はいうけど・・・

話が急にかわりますが、日本のお家芸ともいえる製造業、例えば中国にや韓国に製造技術、例えば造船技術を移転したのはいつごろからかご存知ですか?

これは1995年頃からなんですね。

yuka
yuka
実は私もメイドインCHINAでありマス! 

このころ日本経済を引っ張った造船業界ですが、国内で作るだけではもう稼げない。

合弁会社を作って、中国に技術移転するしかない、という形で日本の高い造船技術を中国に移転しました。

中国という国は超学歴社会ですが、ものすごくできる人間がいます。めちゃくちゃ賢いです。日本人より10倍賢い人が普通にいます。一般的に賢いといわれる人も10倍の人数います。

これは少しオチですが、日本人より10倍賢くない人が100倍くらいいると思います。3つ目のオチの理由があるから、なんやかんやで他の国と今のパワーバランスでいられるんですね。

今や実力はアメリカに次ぐNo.2と言っても過言ではない国なんですが、イマイチ統率にかけるところがあるんです。

さて、20年という期間を経て、日本の造船業界は衰退し、目先の仕事がないという状態になってます。

とっくの昔に、製品のクオリティさえそこそこで良ければ格安で量産するのは得意な国なので・・・。

習近平
習近平
ヌフフ!中国の実力はすごいんだぞ! 

ちなみに最近では、中国の国力もあがってきて中国の造船業も少しどうなの?ってなっているようですが。

そんなこんなで、いろんな製品の技術はいくらでも中国に流れているんですね。日本の製造業は、炭鉱→造船業→自動車というような感じで遷移してきました。

今は、皆がスマホというモバイルPCを持っている時代です。ものすごいスピード、加速度で世界情勢は変わっていくと思います。

日本の現役世代である我々が頑張って次の世代に負の遺産を残さずバトンタッチしないといけないですね。

前置きが長くなってしまいすみません。

本記事のメインコンテンツはロボアド投信の成果報告です。2018年の実績をこの記事(ページ)にて紹介していきます。

運用中ロボアド型投資信託概要・および運用実績

現在、私が運用しているロボアド型投資信託はウェルスナビと、Theo(テオ)というものです。

一つ目はウェルスナビというものです。日本のロボアドバイザーサービスの中でNO.1の預り資産です。

米国ETFでの運用であることや自動積立などの便利な機能があること。

さらには、運用アルゴリズムをきちんと公開しているということを売りにしています。まず、これに投資することに決めました。

ウェルスナビ運用開始後2週間

SBI証券では30万円からウェルスナビに投資することができます。

私は2018/4/24に50万円を投資し運用中です。これが、3週間後どうなったかというと・・・。

  • 2018/5/18現在の運用実績
tony0721
tony0721
おっ、増えていますね。

最近日本国内株も順調に値をあげていましたし、為替も円安に振れていたという影響もあるのだとは思いますがわずか3weeksでもそれなりの結果が出ているようです。

ウェルスナビの特徴は米国ETFとしてVTIを購入しています。

これは日本の楽天が投資信託として楽天全米インデックスファンド(VTI)を販売していますが、これを買っていると思ってもらえれば結構かとおもいます。

その他、として日欧株(VEA)や新興国株(VWO)などを買っているようにポートフォリオで確認できますね。

VEAは北米を除く先進国の株式で構成されます。なので、VTIとは切り離して考えられているみたいですね。

ちなみに、これらのETFはVTIと同じく米国バンガード社が販売するETFです。

トランプ大統領
トランプ大統領
USA is No.1だー!! 

バンガード社のETFの専門サイトを確認頂ければどのようなものかしっかり勉強できると思います。

テオ(THEO)運用開始後2週間

もう一つSBI証券ではTHEO(テオ)というロボアドバイザーサービスがあります。こちらは1万円から運用が可能となっています。

分散投資ということで、もう一つロボナビいっときますかということでこちらは18/4/24から15万円を入金し運用しています。

THEO(テオ)オフィシャルサイト

こちらは運用開始間もなく、3万円追加投資していますが、運用実績はどうなったかというと。

  • 2018/4/E当初の運用実績

で、3週間後の2018/5/18にはこれが、

  • 2018/5/18現在の運用実績

こんなかんじで順調に伸びていました。

この時は、たまたま時節がよかっただけかもしれませんが、

tony0721
tony0721
投信での鉄則「積み立て投資」で運用していきます~。

で、皆さんがきになるところ、すこししらべてみましたよ!ウェルスナビとテオ(THEO)っていったい何がちがうの?というところ。

tony0721
tony0721
私も、やってることは一緒なんでしょ?じゃあ何が違うの?

と疑問に思っていました。ポートフォリオを、よーく見てみると。テオ(THEO)はかなーり細かくETFを買い分けているように見受けられます。

おっと、まだまだでてくる。株だけでなく、て債権の内訳までしっかりみせてくれるんですねー!

さらには、さらには・・・。実物資産への投資もおこなっていると。

どうやって、リバランスしているのかなどは私にはAIのロジックまでは、説明できませんが、ロボの考える最良の判断でリバランスしているよー。

ということのようです。

tony0721
tony0721
この判断むずかしいんですけどね!

値下がりしたら逃げるべきなのか、はたまた仕込みどころなのか。

yuka
yuka
この判断って、やっぱりむずかしいでショ?

いずれも、NISAにもつみたてNISAにも、さらにはiDeCoにも対応していませんが、完全放置で精神的に気が楽だと思います。

いろんなページで紹介されているので参考になさってください。

運用開始1カ月後の実績はこちら

ウェルスナビの運用実績、大きく含み益がでる!

  • 2018年6M(6中)実績

上記のとおりの結果となりました。結構い感じで資産が増えていたのですが一瞬で吹き飛んでしまいましたー。(だいたい+3%程度の利益が出ていましたが、昨日の時点では元本割れしてました)

※日本株はダメですけどアメリカ株は強いんですね。

テオ(THEO)の運用実績、こちらも大きな含み益が!

  • 2018年6M(6中)実績

    値動きの内容的には、ウェルスナビとほとんど変わりません。

運用開始2カ月後の実績はこちら

ウェルスナビの運用実績、前月からは横ばい状態

  • 2018/7M(7中)実績

上記のとおりの結果となりました。

相場が相場だけに、何とも言えないですが一時元本割れしてました。2カ月経ってこれっていうのはどうなんかなぁ。って感じです。

でも、今投信でめちゃくちゃマイナスになってないのって楽天VTIとかくらいでしょうか?新興国株のファンド(私もベトナム株投信もってましたけど)なんか、2カ月でマイナス10%とかいきましたからね。

そういう意味では、相場と比較して健闘していると言ってもよいのかもしれません。ただ、私、せっかちなので、このロボ2カ月も何をしてたんやって感じにはなりましたが。

やはり、インデックスファンド買ってるわけじゃないんで、しっかりアウトプット出してほしいとは個人的に思います。

手数料1%しますもん、がんばってほしいですよね。

tony0721
tony0721
ポートフォリオをみると日本株・新興国・ゴールドで赤がでてるんですね。

テオ(THEO)の運用実績、こちらはウェルスナビより優秀な成績

  • 2018年7M(7中)実績

値動きの波形的には、ウェルスナビとほとんど変わりません。

ただし、ウェルスナビよりも減り具合が少ないですし、回復自体も早いイメージがあります。同じロボでも、なんらかの特徴があるのかもしれません。

運用開始3カ月後の実績はこちら

ウェルスナビの運用実績、世界経済に緊張が走る評価額下落

  • 2018/8M(8中)実績

上記のとおりの結果となりました。

今回はトルコショックの影響で、パフォーマンスがさっがってしまっていますね。一時的に日本株は大きく下げましたし、欧州株も大きく影響あったと思われます。

テオ(THEO)の運用実績、含み損はでていないがこちらも下落

  • 2018/8M(8中)実績

しばらくもみ合って、秋から年末にかけて日本株が上がっていくタイミングで
含み益が出てきてくれればうれしいですね!

ウェルスナビもテオ(Theo)もそうですが、ここのところの混乱で大きく含み損がでていないところが、良いなと個人的に感じています。

運用開始4カ月後の実績はこちら、そして解約

世界経済の中心であるアメリカの株価が大きく上昇をはじめました。

そして、日本経済も、ここから先あがってくるということが読めた、と思っています。

そして、この3カ月余りの間で、投資信託に関する基本的な考え方を身に着けたつもりです。

ということで、ロボアドからは卒業することにしました。

ウェルスナビの運用実績、最終的に上がり調子のところで出金

  • 2018/8E(8末)実績

このような感じになりました。米国株は調子よく値をあげ、日本株も回復してプラ転、そして大きく赤字になっていた、新興株も赤字幅を縮小していました。

そこで、投入していた金額のうち30万円を出金しました。

テオ(THEO)の運用実績、こちらはヤメ時ミス

  • 2018/8E(8末)実績

はい、こちらのテオ(THEO)ですが、8/26に解約の手続きを致しました。

そのあと数日で、米国株、日本株、為替(ドル円)の関係が良化したため、あと3日ほど長くもっていたら、4%程度の利益がでていたのかな?とおもいます。タラればなんですけどね。

テオ(THEO)に関しては4カ月で2%の成績で、終了。口座を解約し、全額キャッシュで出金致しました。

ロボアド資金は全世界株式インデックスへ投資する

2007年のリーマンショックの際に若かりし私は、訳も分からず資金を溶かし退場したのですが、ロボアドから投資信託を勉強し、インデックスファンドで全世界に積立する手法に出会い目からウロコの経験をしました。

これから、全世界インデックスを組み立てていきます。

総投資額

積立投資を含む、総投資額はウェルスナビ が54.5万円、テオ(Theo)が26万円でした。

投資期間4カ月成績→解約
ウェルスナビ 総投資額:545000円 → 567714円
Theo 総投資額:260000円 → 265657円

本日も最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください