生活術

楽天カードに切り替える-楽天ポイントすごい還元されますよ-

企業の経営が傾いたときにまずやることは固定費の削減ですね。まさに今の私の状態です。

tony0721
tony0721
こんばんは。tony0721(@tony0721_)です。
いつもご覧いただきありがとうございます。

ということで、さっそくですが私も固定費の削減にまず取り組みました。

各種サービスを楽天ブランドへ統合する

これは色々悩みましたが、まずやってみないとわからないこともある。失敗して頭打たないとわからないことって多いと思うのです。

可能な限り調べたうえでやれることからやっていこうと思い下記対応を致しました。

あわせて読みたい
楽天モバイルへ切り替える-楽天カード連携を意識、普通に安いです-日々、固定費の削減のための活動をしています。これは色々悩みましたが、まずやってみないとわからないこともありますね。 関...
あわせて読みたい
楽天市場でふるさと納税すると楽天スーパーポイントももらえるよ昨日ふと、お得なことに気づいてしまいました。 結論からお話します。楽天市場でふるさと納税することで、ものすごくお得なことに...

楽天カードに切り替える


今までは、調子に乗っていたのだと思いますが三井住友VISAゴールドカードを所持していました。

このカードいろいろ条件を満たせば、年会費10800円のところ4320円まで下げることができるのですが、今の私のゴールドカードというステータスは全くもって不要!4320円支払う必要なし。との判断に至りました。

そこで乗り換え先をいろいろと探しましたがメイン用として「楽天カード(年会費無料)」と、サブ用として「イオンカードセレクト(年会費無料)」を選択しました。

楽天カードをメインカードとして選択した理由は、還元率が「1.0~4.0%」と非常に優秀であること。年会費「永年無料」であること。

「楽天Edy(還元率0.5%)」付帯のカードとしキャッシュレスツールとすること。が、挙げられます。

楽天市場でよくネットショッピングすることなども考慮するとポイントの倍取り、3倍取りなども考慮に入れました。

楽天市場でのポイントの還元率ですが、2017年10月に「SPU(スーパーポイントアップキャンペーン)」が改定されていて楽天市場の通常利用でポイントが+1.0%、

「楽天カード」で支払うとポイントが+3.0%、楽天ブックス利用で+1.0%、楽天アプリで購入すると+1.0%、楽天モバイル利用で+1.0%と、「楽天カード」での最大還元率が7.0%にアップします。

文字だけではわかりづらいと思うのですが、ビジュアル的に見ていただくとわかりやすいと思います。

どんな感じになるかというと、こんな感じになります。

さらに別途毎回登録(エントリー)が必要なのですが、5の倍数の日(5日、10日、15日、20日、25日、30日)に利用するとポイントが+2.0%プラスされて最大9.0%還元になります。

買物上手という意味で節約?しようと思いこのカードに決めました。たまには、買うときに無理してでもスマホアプリを使わないといけないですね。

上記、キャプチャ(画像)でスマホでの+1倍がついていないのを見てもったいないと思いました。

しかし、今頃気づいたのですがいつの間にかプラチナ会員。へたすればダイヤモンド会員になってしまいそうです。良くわからないうちにポイントザクザクになっています。

ここまでやるかどうかは、人それぞれですが、楽天スーパーポイントは楽天証券の口座に振り込めますし、投資信託を100円から買えます。

つまり、現金化が可能ということなんですよね。私だったら現金化せずに楽天スーパーポイントを使って楽天の全米ファンドを買うかなぁ。

最後、すこしぼやきっぽくなってしまいましたね。すみません。サブ用の「イオンカードセレクト(年会費無料)」についてはまた別の機会に説明させて頂きます。

本日も、最後までお読み頂きありがとうございましたm(_ _)m

戦績(トレード結果)

戦績(トレード結果)を掲載することにしました。株式投資と投資信託のみの成績です。 ロボアド投信(ウェルスナビとTHEO(テオ))の成績は除外した成績となっています。 トレード成績は無料スマホアプリの【マイトレード】を活用しています。
2018年(株+投信)1750000(初期投資)
2018/7/末1855087
2018/8/15現在1240476
前日比-354134
前週末比-431481
前月末比-614611
Total(損益)-509524
利回り(年利)-35.12%